Concept クオホームの家づくり

耐震について

 

地震のニュースを見るたびに、自分の住んでる地域で起きなくて良かったと、毎回ビクビクしてはいませんか?

日本では、どこで大きな地震が起きても、なんら不思議ではありません。
『自分の家は大丈夫なのか?』そう不安になるのも当然です。

悲観的な話になり、心苦しいのですが、実際、震度7以上の地震が発生すると、 倒壊してしまうであろう建物は、少なくありません。
特に、昭和56年以前に建てられた家は、古い耐震基準で建てられているため、ほとんど耐震性能は期待できません。
まずは、自分の家の耐震性能がどれくらいなのかを知っておくことが必要です。

耐震補強って、一体いくらぐらい費用がかかるの?

耐震診断をしただけでは意味がなく、診断結果にもとづいて適切な耐震補強工事を行って、初めて意味があります。
ただ、気になるのが、耐震補強にかかる工事費ではないでしょうか?
どこまで補強すれば安全なのかわからないし、そもそも、いくらぐらいの費用がかかるかもわからない。

インターネットで探しても信用できる情報が少ないので、不安に思う人が多いのもわかります。
ひとつの目安として、日本建築防災協会が無料で提供している小冊子をご紹介します。

「木造住宅の耐震改修の費用・耐震改修ってどのくらいかかるの?」
右記リンクからダウンロードできます。

実際は、改修する前、つまり現在お住まいの家の耐震性能や、改修後に目指す耐震性能をによって、 この費用は変わってくることを知っておいて下さい。

名ばかりの、やっても意味のない耐震補強が多すぎる

実は「耐震補強工事」は相当に難しいです。
耐震補強工事とひとくちに言っても腐った柱を大工さんが入れ替えるのも、そうですし、タンスが転倒しないように金物で固定するのも耐震補強工事です。

しかし、震度7の大地震から、あなたの大切な家を守るために必要な「耐震補強工事」は、資格を保有した専門の技術者が、国が定めた基準に従って、 現場状況を確認した上で、緻密に耐震計算を行って、適切に補強された工事です。
事実、このような「耐震補強工事」は、国の補助金の対象になります。

一方、大工さんの経験だけで補強工事を行っても、補助金は1円も出ません。
それだけでなく、補強工事にかかった費用に見合うだけの、耐震性能の向上がない場合もあります。
国の基準に沿って、耐震補強工事を行っている建築会社は、まだ、それほど多くありませんので、事前に、調べておくことが必要です。

安心して、思い出のいっぱい詰まった家に長く住みたい

上を求めればキリがないのが耐震補強です。
しっかり耐震補強を行い、評点1.0以上という、国が定めた基準をクリアすれば、震度7の地震が来ても倒壊する可能性が低くなります。
まずは、評点1.0をクリアすることが、地震対策の一歩です。
そうすることで、様々なメリットがあります。

  • ☑地震のニュースのたびにおびえなくてよくなる。
  • ☑老後まで、家が倒壊する心配をしなくてよくなる。
  • ☑思い出のある家を壊さずに、長く住む事ができるようになる。
  • ☑家族に心配をかけなくてよくなる。
  • ☑将来、家を売却する時に高く売れる。

地震が起きてから後悔しても遅いです

地震が起きてからでは遅いので、まず行動に移しましょう。
今でしたら、国から補助金がもらえます。
日本の経済状況を考えると、いつ、この補助金制度がなくなってもおかしくありません。
実際、補助金の額は年々減っていっています。
遅らせるメリットは何ひとつありませんので、とにかく行動しましょう。

弊社では、今のところ、現地調査を無料でおこなっております。(有料化検討中)

また、補助金を利用した本格的な耐震診断も実施していますので、予約フォームから、ご予約下さい。

<予約フォームはこちら。>
*調査依頼が重なると、お断りすることもございます。予めご了承下さい。

耐震改修工事と同時に断熱工事を行うメリット

耐震工事を行う際には、一定の解体工事が伴います。

  • 床を壊して、基礎を補強する
  • 壁を解体して、柱を補強する
  • 天井を解体して、梁や筋かい金物を設置する

断熱材はただ入れるだけでは、効果はあまり期待できません。隙間なく施工することによって、初めて本来持っている性能が発揮されるのです。

解体の際には、断熱材の施工が容易になります

耐震補強工事の工事過程で、柱や梁、土台などの構造体がむき出しになるタイミング。
これは断熱補強工事を行うには、最高の瞬間です。

難しい作業をしなくても、短時間で簡単かつ正確に断熱施工ができます。
当然、費用も安くすみます。

また、耐震補強だけでは、安心感は得られても、住環境の改善はありません。
それが断熱工事を同時に行うことによって、家の中が快適になります。
光熱費もこれまでに比べて、ぐっとお安くなりますので、メリットは非常に多いです。

現地調査の際に、断熱改修計画も検討いたします

耐震改修工事と同時に断熱改修工事を行うメリットはお話したとおりです。

断熱改修工事は、いくつもの方法があります。 どれが正解かは、現場状況やご予算、耐震改修の内容等によって、常に変わります。

ですので、弊社で耐震診断を行う場合は、同時に、どうすれば、もっとも費用対効果が高く、断熱改修工事ができるかも検討しますので、そちらも合わせてご提案いたします。 もちろん、どうされるかは、自由です。 じっくりご検討下さい。

もっと詳しい情報を希望される方は、お問い合わせフォームよりカタログをご請求ください。

カタログを取り寄せる
お問い合わせフォームからカタログをご請求ください。
お問い合わせ・資料請求はこちら