Q & A よくある質問

ルーフィングについて

投稿者:田中義暁さん|2017.01.17|カテゴリ:

瀬崎さん、本田さん、クオホームの皆様。こんにちは。 寒い季節になりましたが、皆様、お変わりはあ…

瀬崎さん、本田さん、クオホームの皆様。こんにちは。

寒い季節になりましたが、皆様、お変わりはありませんでしょうか。
(高断熱なモデルハウスで、逆に暖かく過ごされているかもしれませんね(*^_^*)

さて今日は、ルーフィングについて質問させてください。

屋根を調べていくと、屋根材も大切ですが、住宅の雨漏りを最終的に
防いでいるのは、ルーフィングだという認識に至りました。

一般的なお家に使われるルーフィングが、アスファルトルーフィング940と
呼ばれるもので、10年を目安に、劣化が大きく進むと知りました。

一つランクアップしたルーフィングが、
改質ゴムアスファルトルーフィング。

一番耐久性が高いのが、マスタールーフィング。
という理解をしています。

改質ゴムアスファルトルーフィング
(住宅メーカーに勧められたのが、KMEWのイーグルガード。)
差額が、4万5000円。

マスタールーフィングが、15万円。

耐久性で言うと、

マスタールーフィングは、約60年という長い高い耐久性があるらしく、一生物。
改質ゴムアスファルトルーフィングは、30年ぐらい(?)
アスファルトルーフィングは、10年~ という感じでしょうか。

長持ち、コストパフォーマンスという観点から、
どのランクのルーフィングを選ぶのが良いでしょうか。

また、クオホームさんではどのようなルーフィングをお使いでしょうか。

多くの質問を投げかけてしまい、申し訳ありません。
よろしくお願いします。m(__)m

クオホーム瀬崎

A

ルーフィングについて

>住宅の雨漏りを最終的に
>防いでいるのは、ルーフィングだという認識に至りました。
そうですね。特に瓦などでは顕著です。

弊社では、改質ゴムアスファルトルーフィングを使用しています。

マスタールーフィングも検討したことがあったのですが、

・価格がかなり上がること、
・30年で屋根材と共に葺き替える方が安心

などの理由で、見送りました。

屋根材で、確実に60年持つものがあれば、
合わせて採用するのも良いかと思いますが・・・

クオホーム瀬崎