Q & A よくある質問

基礎パッキンについて

投稿者:不明さん|2017.04.28|カテゴリ:

いつもブログを楽しみにみております。 クオホームさんではおそらく城東テクノの基礎パッキンを使ってい…

いつもブログを楽しみにみております。
クオホームさんではおそらく城東テクノの基礎パッキンを使っているとおもいますが基本は基礎パッキンロングで浴室と玄関土間周りは気密パッキンでしょうか?その時に気密パッキンの隙間をうめるのはハイプレン防蟻ホーム(スプレーみたいなの)を使っていますでしょうか?ハイプレン弾性フォームというのもあるみたいですが部屋で使い分けたりしていますでしょうか?
お手数ですが教えてください。

クオホーム瀬崎

A

弊社は基礎断熱仕様+床下エアコンですので、かなり特殊です。
外周面は、気密パッキンでしっかり気密を確保し、内通りは、床下エアコンの温風が少しでも拡散するように、基礎パッキンロングを使用しています。
ですので、浴室と玄関土間に関しては、外周面は、気密パッキン、内通りは、基礎パッキンロングです。
*気密パッキンは、日本住環境の天端リストを採用しています。

一般的な床下断熱仕様の家であれば、玄関土間、浴室は、外周、内部、関係なく気密パッキンを使用します。
特にユニットバス下の人通口部分で、どのように気密を確保するかが、ポイントになってきます。
ちなみに、ウレタン(ハイブレン弾性フォーム)を吹かなくても、
基礎の天端レベルが良く出ていれば、気密パッキンだけで、気密は確保できます。

弊社では、配管周りの貫通部処理に白あり対策&気密対策として、
ハイプレン防蟻フォームを使用しています。

防蟻タイプのウレタンで、すべて施工するのが一番リスクは低くなりますが、
値段も高くなりますので、予算と相談といったところでしょうか・・・

クオホーム瀬崎