Flow 施工の流れ

ご契約まで

① 事前相談

お電話やメールなどで、お気軽にご相談、ご質問ください。
土地探しや、資金計画、間取り作成、ご相談がありましたら私たちができる範囲でお受けいたしますので、遠慮なくお話ください。
相談や問い合わせをしてみて、相性が合いそうだなとか、一緒にものづくりをして楽しそうだなとか感じていただけたら幸いです。
「クオホームが選ばれ続ける理由は?」のページに私たちの理念をお伝えしています。
一度ご確認頂けたらと思います。

② 基本設計

ご家族様がどんな建物に住んでみたい、どんなことをしてみたい、どんなライフスタイルを過ごしたいかをお話ししていただき、ご趣味やご職業、家族構成などもふまえて、お客様のご要望にあったプランを作成いたします。
プラン提案に、2、3回の打合せ時間を設けていただきます。(無料)その最後の打合せ時に概算見積もりをご提示いたします。
お施主様のご予算やご希望の家づくりを実現する為に必要になるであろう金額を想定した内容になります。
もちろん、プラン提出後、必ず契約をしていただく必要はございません。私たちとの相性があわなそう、プランが自分の要望を満たしていない等で、提出プランを辞退したい場合は遠慮なくお伝えください。ただし、ご辞退して頂いた場合は、提出品、書類をすべてご返却していただきますので、ご了承下さい。

ご契約から着工まで

③ 設計契約

基本設計をご覧になられて、私たちの理念に共感して頂き、共に家づくりをしたいとお考えになれば次に、設計契約を結んでいただきます。
この時点で契約金として20万円をお預かり致しております。もちろんこの費用は請負契約時には着工金の一部になりますのでご安心下さい。

ここから詳細なお打合せを約2ヶ月間を目処に行います。基本設計からさらに踏み込んだ細かい設計、納まり等を打合せいたします。
もちろんこの時点で間取りが一掃して変更する事もOKです。ご納得行くまで打合せさせていただきます。その打合せと並行して、「デザイン詳細設計」「エネルギー設計」「通風設計」「構造設計」など当社ならではの詳細な間取りチェックを行います。そのデータを踏まえ、さらに「高効率住宅」のご提案を致します。
最終的にお施主様のご予算と、家の性能に対するこだわりを考慮しながら最終決定をさせていただきます。

予算にあわせたコストの管理をし、どこに予算を取り、どういう建物にするのかをお客様とお話し合い、具体化していきます。

④ 本契約

間取りも決まり、詳細仕様も決定。最終金額も決定しましたら、いよいよ本契約です。
本契約は契約時に契約金額の10%の手付金をお預かりいたします。(金額は要相談)

⑤ 地鎮祭

土地を清める祭祀です。もちろん強制ではありませんが多くの方が、実施する行事です。

⑥ 現場最終打合せ・近隣挨拶

現地にてお施主様と建物の配置・高さ確認など現場で打合せを行います。
その後近隣の方々に工事着工のご挨拶に伺います。

着工から、検査、引き渡しまで

⑦ 着工

いよいよ着工です。
基礎工事は工程の中でも非常に重要な工程になります。
10項目以上の小工程があり、その都度、現場チェックと現場監理を行います。

⑧ 上棟

基礎工事から約1ヶ月後に上棟です。概ね一日で屋根の形が出来上がります。
ご都合が合えばお昼に棟梁のご紹介を兼ねて上棟祭を行っています。

⑨ 金物検査

耐震性能に直結する構造用金物の設置検査及び、構造用合板の釘ピッチの確認を行います。
設計時の数値を確保するため、念入りにチェックします。

⑩ 中間確認

シートの破損、雨漏りにつながるような施工ミスがないか、確認します。
ほとんどの雨漏りはこの検査の不足が原因です。

⑪ 気密測定ならびに断熱検査

断熱材の施工が終了した時点で、厚みの計測と施工精度の確認を行います。
その後、気密測定を行います。家の性能を高める為には気密性が重要です。工事中に気密測定をする事により、家の伱間をチェックします。
問題なければそのまま工事は進みますが、気になる点があればこの時点で工程を見直し、更正工事になります。

⑫ 木完

上棟から約2ヶ月で大まかな大工工事は完了です。

⑬ 仕上げ

上棟から約2ヶ月で大まかな大工工事は完了です。

⑭ 社内検査

工事の仕上がりのチェックを行い、傷補修、調整、お引渡しの準備を行います。

⑮ 役所検査

役所の完了検査を受けます。合格すると検査済証が発行されます。

⑯ 竣工

これで竣工です。工事と並行して住宅ローンや残金のご精算打合せなどを行います。

⑰ 引き渡し

待ちに待った完成です。新居にて新しいカギのお渡し、設備関係のご説明など行います。

お問い合わせ・資料請求はこちら