防蟻処理の加圧注入について

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

瀬崎様のブログ中で、
防蟻処理の加注入について下記の記載がありました。

「構造材に半永久的に防腐・防蟻性能を発揮する加圧注入材を使用する。」

まず”構造材”にという部分ですが、
クオホーム様では土台以外にも
加圧注入材を使用されているのでしょうか。

また”半永久的”の部分ですが、
処理剤の仕様として”半永久的”であることが謳われているのか、
またはクオホーム様の経験から記載されているのでしょうか。

先日、ある工務店様の見学会で
「加圧注入の効果は10年ぐらいなので、
 10年後に再処理します。」と言われました。

この記事を書いている人 - WRITER -

 人気記事Top3 - Popular Posts -

Comment

  1. クオホーム瀬崎 より:

    ご質問にお答えします。

    加圧注入に関しては、50年程の耐久性があるとされています。

    これは、少しネット検索して頂ければ、いくつも関連情報が得られると思います。

    その工務店の言われていることは、間違いですね。
    10年と言うのは、いくらなんでも短すぎます。

    弊社で、土台の他、大引き、1F柱、1F筋違に加圧注入をしています。

    正確に言うと、現在は、ほとんどの物件で、
    加圧注入ではなく、ホウ酸処理で防蟻を行なっています。

    こちらも、効果は半永久的で、しかも加圧注入よりリーズナブルに広範囲に施工できます。
    安全度も高いですので、今は、こちらをおすすめしております。

Copyright© よくある質問 , 2016 All Rights Reserved.