換気について

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

瀬崎さん、本田さん、クオホームのみなさん、こんにちは。

いつも、ブログやメルマガを楽しく見させて頂いています。

勉強させて頂くなかで、断熱や気密については、
理解が進んできたのですが、気密について、まだ、
自分の中で、消化しきれていない所があり、モヤモヤしています。

一種換気と三種換気、どちらの方が良いのか。

長期的に見て、ダクトのメンテナンスが難しいので
一種にせよ、三種にせよ、ダクトレスタイプにする方が良いのか。

ダクトレスの一種の場合、70秒ほどで、吸気と排気が入れ替わるという商品のようなのですが、
換気がきちんと出来るのか、また、機械が壊れやすくはないかと、
自分の中で、答えが見出だせない感じです。

場所は大阪なので、三種でもよいのでしょうか。

また、吸気グリルで、オススメなものはありますでしょうか。

質問ばかりで、すいません。
クオホームのモデルハウス楽しみですね。

季節の変わり目ですので、どうぞ、お身体ご自愛ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

 人気記事Top3 - Popular Posts -

Comment

  1. クオホーム瀬崎 より:

    1種換気と3種換気ですが、どちら良いと言われるともちろん1種換気ですよね。

    大事なのは費用対効果だという事でしょうが、
    実際に1種換気を採用している住宅は大阪など西のエリアは特にですが、
    普及率は非常に低い商品だと言えます。

    商品の価格に対して光熱費などで元を取ると言うのは3地域以上のは
    ほぼ無理だと思いますので、そういう観点ではなくあくまでも「快適性能」を
    求めるのであれば非常に良い商品だと思います。

    弊社はメンテンナスや現場施工の観点からダクトレスを推奨としております。
    今回の弊社のモデルハウスは「ventosan」を採用しています。

    これは70秒で排気と吸気が入れ替わる商品ですね。

    今回何故モデルハウスでこの商品を採用したかというと
    「弊社ではまだ未採用」だからです。

    いろんな商品を採用してベストな商品をご提案する為に
    今回はこの商品を採用してみました。

    また効果や感想に関しては完成後にお伝えしたいと思います。

    基本的には3種換気が前提で良いと思います。

    「換気システム1種なのに、窓はアルミサッシ」なんて事にならないよいうに気をつける事が
    大事だと思います。

Copyright© よくある質問 , 2016 All Rights Reserved.