窓サッシの仕様について

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

モデルハウスの建設、おめでとうございます。

瀬崎さん、本田さんが目指されるお家づくりが、
住宅業界全体に広がればと願っています。

質問させて下さい。

窓サッシを調べると、中空層と呼ばれる部分が、
空気、アルゴンガス、クリプトンガス、真空など、
様々な仕様があります。

このあたりの仕様でオススメのものはありますか?

APW430にチャレンジしようと計画したのですが、

APW330とAPW430で、100万近い価格差があるらしく、
APW330のトリプルガラス仕様を検討しているところです。

また、ZEH申請をしようと考えています。

クリプトンガスの方が加点が高いとのことでしたが、
パッシブハウスジャパン(PHJ)の設計士の方に伺うと、
クリプトンは長期的に見ると、ガスが抜けやすく、
アルゴンの方がオススメとのお話でした。

住宅は色々な要素があって、本当に難しいですね。

瀬崎さんや本田さんに教えて頂いたことを活かして、
良い家づくりにチャレンジしようと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

 人気記事Top3 - Popular Posts -

Comment

  1. クオホーム瀬崎 より:

    APW430については、まだまだ、費用対効果が悪く、
    同じ費用をかけて、高性能化を狙うなら、
    APW330のトリプルガラス仕様+熱交換換気システムのほうが、上だと思います。

    クリプトンについては私も同様の話を聞いたことがあるので、
    現状では、同じくアルゴンがBESTだと、考えています。
    スペーサーは樹脂にすることはお忘れなく。

Copyright© よくある質問 , 2016 All Rights Reserved.