吹き付け断熱☆気密測定

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは。

 

ドラクエ大好き主婦の、岡田です。

 

昨日、息子たちと、お月見をしました^^

パジャマで(笑)

寒いから、しっかりインしてます(笑)

今がちょーどまん丸でキレイに見えるので、おススメです^^

 

 

さて、先日、上棟を撮影に行った現場に、

再度、行ってきました~(^^)/

 

あの、ブルーシートは外され、

 

キレイに 透湿防水シート が貼られていましたよ^^

 

 

この日は、気密測定の日。

なので、すでに、玄関扉や、窓(サッシ)

しっかりと施工されています^^

 

そして、吹き付け断熱材 もしっかりと施工されていました~!!

瀬崎「これが、吹き付け断熱やで~」

岡田「ほうほう。」 と聞きつつ、撮影に必死。(笑)

 

2階もしっかり。

 

吹き抜け部分からの2階もバッチリ。

 

そして、この日の気密測定結果は・・・・

お見事! C値 0.2!!!

 

C値とは何ぞな??という方は、

こちらの瀬崎さんのブログを参考にしてみてください^^

詳しく書かれていますよ^^

「気密測定のタイミングと要注意ポイントについて」

 

簡単に言うと「家の隙間」を、「C値」という数字で表す。

C値が小さければ小さいほど、隙間が少ない家。

 

逆に、隙間(C値)が大きければ、外気の影響を受けやすくなり、

夏暑く、冬寒くなってしまう(>_<)

ということです。

 

なんせ、隙間は極力ない方がいいのです!!

 

ということで、今回のお家も、気密性能は安心といえますね^^

 

完成が楽しみです^^

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

人気記事Top3 - Popular Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。