我が家の扉☆

WRITER
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。

明日、明後日と、姫路市白浜町で完成現場見学会があります^^

それを踏まえ、今回は、我が家シリーズ☆

「扉(戸)」編です^^

 

先月の夢前町の家の見学会ブログでもふれましたが、

こちら「完成見学会と木戸ダム☆」

 

扉にもいろんな種類があります。

 

我が家の一番のお気に入り扉。

「リビング扉(引き込み戸)」↓

「洗面室への扉(引き込み戸)」↓

2階の「洋室2部屋・トイレ・納戸の扉(片開きドア)」↓

「和室の収納(片折れ戸)」↓

「1階の廊下収納(片折れ戸)」↓

 

などなど。

高さも、デザインも、色も、それぞれ違うと思います。

 

なかでも、注目してほしいのが、「高さ」です。

 

リビング扉は天井の高さと同じです。

洗面の扉や、2階の扉と比べ、存在感があると思いませんんか?

 

我が家のリビングは玄関入ってすぐなので、

いわゆる、家のシンボル的な扉です。

なので、ここだけ、他の扉とはデザインも、高さも、色も変えてみました。

(といっても、建築会社さんのススメですけど^^)

 

もちろん、普通の扉より、数万円高くなるとのことでしたが、

このリビングだけ、頑張るか~! といって、決断。

 

今では、すごく満足しています^^

 

さて、その他の扉ですが・・・

特に、他の扉に関しては興味がなかったので (笑)

部屋の用途や、間取りによって、

使いやすい種類を選んでもらいました。

高さは、天井高も特に気にすることなく・・・。

 

1階の廊下収納のみ、階段の下の収納なので、天井高までいってますが。

(住んでから気づきましたけど・・・ 笑)

 

では、なぜ、天井高をそんなに私がアピールするのか!? (笑)

 

それは、扉が天井の高さまであると、

部屋の天井が高く感じることができるとのこと!!

すなわち、部屋全体が広く感じることができます。

目の錯覚を利用してるんですね^^

 

それを、踏まえ、今回の完成見学会の家を見てみてください^^

 

きっと、扉に少し関心が持てると思いますよ^^

 

↓これは、先月の見学会のおうちです^^

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

人気記事Top3 - Popular Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。