間取りを書くコツ

 
この記事を書いている人 - WRITER -

おはようございます。クオホーム 本田です。

前回の続きの話で
今日も間取りの書き方です。

間取りを書くときに 重要な事があります。

それは「ゾーニング」です。



間取りの場所取りを最初からきっちり
決めるのではなく〇などで場所取りをする
イメージでしょうか?

部屋をどの位置に持ってきて動線を確認したり
日当たりを見たり。

合わせて2階の部屋割りを考えます。

一般の方がきっちり決めるのは難しいと
思いますので、こうった形でざっくり〇で
部屋の配置を決めておかれると私たちが
ヒアリングした時にイメージが分かり易いです。

その中でプロとしてアドバイスだったりが
加わってきます。

その積み重ねで理想の間取りが完成して行きます。

間取りの作成する前に「ゾーニング」を
ご家族で一度でされてはいかがでしょうか?

この記事を書いている人 - WRITER -

人気記事Top3 - Popular Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。