予算

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんばんは クオホーム 本田です。


本日は神戸の須磨区まで現調にいってきました。


色々お客様からヒアリングさせていただきました。


その中でご予算はどれくらいで
おさめたいと思われていますか?

という話しになりお聞きすると・・・


●●●万円前後でおさまれば・・・と
言われておりました。

しかし、今回のご希望を全てかなえると
ちょっと予算ではおさまりそうにない感じでした。


でもそもそも、この希望の予算が問題なんですよね。


これはお客様は全く悪くありません。


業者側に問題があるケースが殆どです。

良く聞くとやっぱり一番最初に話を聞いた
業者さんがかなり安い予算をお伝えしていました。


でも、その業者さんは別に現地を見たわけでもなく、
見積もりをお客様に渡した訳でもなく口頭で
ざっくり安い予算でお伝えしていたみたいです。

お客さんはその予算が正しいかどうか判断はできませんよね。

でもそう聞くとそれが「基準」になってしまいかねます。

高く聞いていて実際に安く済むのであればまだ良いかもしれませんが、

殆どのケースがあがります。
お客さんは心理的に「損」した気分になります。

私はお客様に金額を伝えるときは
概算でもそうですが最初はすべて「高め」に伝えるように心がけています。

その時点で他の会社と比べられて高いと思われて
商談にならなかったとしてもそれは仕方ないと思っています。

必ず後で「高い、安い」のトラブルになりますので。
お互い面白くないので最悪ですね。


今日のお客様もそうならない様に
正しい金額をお伝えするためにしっかり準備したいと思います。






クオホーム 価値ある品質を追求する家づくり

大手ハウスメーカーでは高すぎる。でも「ただ安いだけの家」では不安。
そのどちらでもない「本当に安くて長持ちする家」をご存知ですか?

www.quohome.com

この記事を書いている人 - WRITER -

人気記事Top3 - Popular Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。