建ぺい率60%、容積率200%で建てられる家の大きさは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。クオホームの本田です。

 

ご質問がありましたので、それについてお答えしていきたいと思います。

 

【 質問 】

今から土地を買う予定なのですが、いろいろ土地情報を見ています。その中で、建ぺい率、容積率という言葉があるのですが、それがいったい何なのか。

 

というご質問がありました。

 

 

では、その建ぺい率と容積率というものを、土地50坪 建ぺい率60% 容積率200%の場合例をあげてお話していきますね。

1、建ぺい率60%、容積率200%で建てられる家の大きさは?建ぺい率とは?

 

まず、建ぺい率というのは、簡単に言うと、土地の敷地を上から見た時に、建物が何パーセント建てられるかという事です。最近、西播エリアで多いのが、建ぺい率50%ないし60%という形になっていると思います。

 

50坪の土地の建ぺい率が60%だとすると、普通に計算すると50坪×60%=30坪になります。このように30坪の家しか建てられないというふうに、勘違いされる方が結構多いのではないでしょうか。

 

しかし、そうではありません。50坪の土地に60%の建ぺい率だとすると、上から見たときの面積が30坪が上限になりますよという事になります。こちらの50坪の土地に総二階で建てる場合、1階30坪・2階30坪の総二階になりますよね。総二階ですと、上から見た時も上限の30坪に収まります。

 

上から見た時の面積なので、総二階の場合は、60坪の家が建てられるという事になります。ですので、50坪の土地に対して60%の建ぺい率でしたら、上から見た時の面積が30坪で収まれば建築可能だという事になります。

建ぺい率の緩和があります。

建ぺい率は場所や条件によっては緩和を受けることできます。

通常用途地域によって定められた建ぺい率60%が建ぺい率70%になる事があります。

1、防火地域内の耐火建築物

防火地域に指定されたエリア、すなわち仮に建物が燃えたとしても隣に延焼しないように建物がもえにくい構造にする必要がある地域です。防火地域内で耐火建築物にうると建ぺい率の緩和を受ける事ができます。

2、特定行政庁が指定した角地の場合

敷地が2面の道路に面した土地だと10%の緩和割増をを受ける事ができるようになり、建ぺい率70%まで建てる事が可能になります。

 

2、容積率とは

 

容積率というのが何かというと、体積の話です。容積率は、だいたい150%・200%という数字が多いかなと思うのですが、容積率200%でお伝えしていきます。

 

50坪の土地に対して200%ですと、単純に計算すると100坪ですよね。では、100坪の建物が建てられるのでしょうか。

 

でも、100坪の家を建てようと思ったら、1階50坪、2階50坪の家を建てる事になります。その土地が、建ぺい率が60 %の場合、先ほどお話したのが、上から見た時に30坪でしたね。ということは、100坪の家は建てる事はできません。

 

50坪の土地に対して200%の容積率で建てられる家は、建ぺい率が60%の場合ですと、1・2階合計60坪の家が上限となる、という事です。

 

家を建てる際は、建ぺい率も容積率もクリアしないといけないので、それを、超えていなければ大丈夫ですよという考え方です。

 

建物を上から見た時の面積が土地に対して何パーセントあるかを示すのが建ぺい率。容積率というのは、1・2階を合計した体積です。延床面積というのですが、1階と2階の面積の合計というイメージです。

 

この二つを、両方クリアした建物を建てましょうというところが、建ぺい率と容積率というお話になってきますので、その辺を勘違いしないで探してください。

 

 

ではそもそもですが、建ぺい率と容積率は何で決まっているのか?を

解説していきたいと思います。

3、用途地域とは

土地情報をもらうと物件資料の中に用途地域というのが記載されているとおもいます。

用途地域とは好きなところに好き勝手に建物や商業施設を建ててしまうと町並みや秩序が乱れてしまうためにある程度行政が決まりを決めて分類している地域の事を言います。

以下が不動産土地情報をの物件資料になります。

参考例として姫路市の土地情報を掲載しておきます。

用途地域 建ぺい率60

赤枠で囲ったところに記載されていますが、この土地は【第一種住居地域】に

なります。その下に書いてありますが【建ぺい率60%容積率200%】と記載されていますね。

他にも用途地域は以下の様な種類があります↓

  • 第1種低層住居専用地域
  • 第2種低層住居専用地域
  • 第1種中高層住居専用地域
  • 第2種中高層住居専用地域
  • 第1種住居専用地域
  • 第2種住居専用地域
  • 準住居地域
  • 近隣商業地域
  • 商業地域
  • 工業用地域
  • 準工業地域
  • 工業地域

 

4、土地探しに悩んでいる方の疑問を解決します

土地探しに苦労されてる方も結構多いと思います。

そんな方は土地を探す前に知ってて欲しい5つのポイントがあります。

 

要確認してみてください^^

 

また土地探しの基本を知りたい方はこちらのメールマガジンにご登録ください↓

【土地】今さら人に聞けない土地探しで重要な事

 

 

5、動画でも解説しています

この記事を書いている人 - WRITER -

人気記事Top3 - Popular Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。