間取りを考える 採光

この記事を書いている人 - WRITER -

おはようございます。

姫路と言いながら実は太子町に
ある長持ち住宅専門店  本田です。

本日は間取りを考える  採光編です。

 

プランニングする上で採光はとても重要です。

明るくて居心地のいい家にするためには明るさは重要です。

ただし明るさを重視しようとすると、土地の形状が重要視されます。
もちろん南側に道路があると日当たりは確保されるケースが多いでしょう。

でも全員が南側道路に建築出来るわけではありません。

だからと言って南側に家があったら日当たりが悪いわけではありません。

この「日当たり」という言葉と「明るさ」と言う言葉は
意味が違います。

家は直接日が当たらなくても明るさは確保出来ます。

間取りを一工夫したり、
トップライト(天窓)、吹き抜け、ダイレクトゲイン、

などを取り入れて明るさを確保する方法は沢山あります。

現状住んでいる家が「日当たりが悪いから、新たに土地を買って
建てようか」と検討されている方はまず、現状の土地に有効なプランニングを
して、一度熟考される事をお薦めしています。

 

なにより、土地から買われるよりお安く済むと思いますので。

一度ご相談してみてはいかがでしょうか?

 

次回もプランニングについて語りたいと思います。

ではまた。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

人気記事Top3 - Popular Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。