屋根断熱と天井断熱どちらが良いのか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、クオホーム本田です。ご質問がありましたのでそれについてお答えしていきたいと思います。

【質問】

こんにちは。現在、工務店と性能について話をしています。屋根の断熱で悩んでいます。実際、屋根で断熱するのと天井で断熱するのとでは、どちらが良いのでしょうか。教えてください。

 

というご質問がありました。

 

まず、屋根断熱と天井断熱の違いについて、少し解説したいと思います。

 

 

上記図をご覧下さい。赤のラインが2階の天井です。天井の仕上げ材が見えてると思います。そのすぐ真上に断熱材を入れる。これが天井断熱です。

 

一方屋根断熱は、屋根の勾配に沿って断熱材を入れていきます。

 

どちらがいいのかと言いますと、やはりこれも一長一短あります。

 

例えば、天井断熱にすると、天井より上は外部という扱いになりますので、単純に家の中の体積が少なくなります。

 

ですので、家の中の冷暖房効率が上がるというメリットがあります。

 

一方屋根断熱にすると、施工性が悪くなったりする事もあります。要は、気密が取りにくかったり、大工さんの手間がかかったりする事が、ひとつのデメリットでもあります。

 

ただ、勾配天井にする場合は、こういう仕上がりになると思います。

 

弊社が今オススメしている小屋裏エアコンをしようと思うと、屋根裏にエアコンを置くので、天井断熱ができません。

 

天井断熱施工で小屋裏エアコンも施工したいとなると、下記図のようにエアコンを屋根裏に置いて空調室のような環境を作って、空気を下に落とすというような工法もありますが、こちらの工法にも一長一短ありますので、各々工務店さんによって大工さんのレベルや施工の仕方が変わってくるんじゃないかなと思います。

 

 

一般的に、弊社のように気密をしっかり取りましょうと言ってる会社さんであれば、気密が取りやすいのは天井断熱です。

 

こちらのほうが、気密層が非常に取りやすく、施工面が平らなので施工がしやすいです。大工さんは非常に楽なのではないかなと思います。

 

もし大工さんに施工技術があるようでしたら、屋根断熱も可能だとは思いますが、手間がかかったり、コストがかかってくるところになりますので、その辺は各工務店さんと相談していただけたらいいんじゃないかなと思います。

 

弊社は現況小屋裏エアコンを推奨させてもらってますので、屋根断熱が比較的多いかなと思いますが、弊社もケースバイケースで対応しているところではありますので、どちらがいいか悪いかは正直言えないのですが・・・。

 

 

 

動画でも解説しています

この記事を書いている人 - WRITER -

人気記事Top3 - Popular Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。