私たちが基礎見学会をする理由とは・・・

 
この記事を書いている人 - WRITER -


今、家を建てる上で最も重要な「基礎」の精度が問われています。

こんにちは クオホーム 本田です。

1月13日(日)に一日限定ですが姫路市安富町安志にて「基礎見学会」を行います。私たちが今回採用している基礎は「プレキャスト基礎」という特殊な基礎です。特殊といっても特別に高価なものではありません。

 

当社が現在推奨している基礎仕様のは二つあります。

「タイトモールド」という基礎断熱仕様の工法と、「プレキャスト基礎」という工場で立ち上がり部分を先に製作して現場に搬入する基礎です。

 

今回の見学会は「プレキャスト基礎」を施工した現場になります。この基礎の特徴は「品質」です。現場打ちではないので、職人さんの技術レベルや、施工日当日の天候、気温などに左右されない基礎になります。基礎と土台をつなぐアンカーボルトの位置も現場で差し込むのではなく工場ですべて決まってきますので、基礎の施工精度は抜群です。

 

今回はその基礎現場が出来ましたで、品質の良い家づくりをご検討されている方は是非一度確認してみてはいかがでしょうか?

 

私たちは、今から家づくりを検討されている方には是非「正しい知識」を持って欲しいと思うのです。

 

確かに「基礎」や「工事途中の現場」を見ても面白くないと思います。私も面白くは無いだろうと思っています(笑)。しかし、家を建てる上で一番重要な工事工程である事はまぎれもない事実です。

 

そこで「どうせ見てもわからないし」という方の為に、今回の見学会では簡単に確認出来る

誰も教えてくれない「基礎を見るときに知っておかなければならない3つのポイント」をお伝え出来るように準備しておきます。

 

もちろんこの事は当社で建てていただかなくても、どこの会社で建てられても知っておかなければならないポイントだと思います。

この機会に建ってしまってからは見えなくなる「基礎」のポイントを確認してみてください。


この記事を書いている人 - WRITER -

人気記事Top3 - Popular Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。