LED照明、高いけどどうなの?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

長持ちする家研究家 瀬崎です。
今回は長持ちする照明についてお話します。
世間では節電、節電と騒がれているため、「LED照明」という言葉をすでに聞いている方も多いと思います。
LEDとは、Light Emitting Diode(ライト・エミッティング・ダイオード)の頭文字を取ったもので、日本語では発光ダイオードと訳される。最近、あまり言わないですけど…
特徴は、とにかく消費電力が少ないことと、寿命が長いということ。
これだけなら、良いことしかないのですが、本体が高い、湿気に弱い、演色性が少し劣るなど、
多少欠点もあります。
しかし、最近では、これらの欠点もかなり改善されてきております。
そこで、
LED照明は本当にお得なのか?
大調査です。

家庭用照明は大きく
白熱電球
蛍光灯
LED照明


の3種に分けられます。
後ろになるほど、消費電力が低く、省エネです。
照明メーカーのカタログを見ると、LEDのメリットだけをアピールしたいのか、
性能の比較ばかり。
肝心の購入の目安になる最初の製品価格と合わせた比較が載っていない
いくら性能がよくても、もとが取れなければ、大阪のおばちゃんは買ってくれませんよ。
それに、白熱電球との比較はあるのですが、蛍光灯との比較がないんですよね・・・
個人的には、蛍光灯との比較が気になっています。
そこで、自分で調べました。
なかなか他では見ることのできない、価格も含めた3種の比較表です。
(今回は、KOIZUMI製のダウンライトで比較しています。)


白熱電球だけ約15,000円も高い!!!

これで見てみると、白熱電球を選ぶという選択はないことがわかります。

照明たった1つでこの差。
家、全体ならどれだけの差になるか・・・
すでに、白熱電球は、生産中止を表明しているメーカーもたくさんありますので、すたれていくことは間違いありません。
これから家を建てる人は、標準仕様になっていても、差額を払って変更されたほうがいいですよ。
あとは、蛍光灯にするか、LEDにするか・・・
現時点では、蛍光灯とそれほどランニングコストに差がありませんので、
もう少し、LEDの本体価格が下がるのを待つというのも一つの手ですね。
アドバイスとして、蛍光灯は、スイッチを入り切りする度に、寿命が1時間短くなるという性質がありますので、頻繁にON・OFFがあるトイレ・階段、廊下などは、LEDにしておいた方がいいと思います。
ちなみに、クオホームでは、全室LED照明標準仕様です!
長持ちする家を宣言しているため、ここはこだわりました。
それにしても、蛍光灯に負けなくて良かった…(笑)

この記事を書いている人 - WRITER -

人気記事Top3 - Popular Posts -

Comment

  1. ひろゆき より:

    SECRET: 0
    PASS:
    使い分けまで視野に入れた配慮ってすばらしい!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >ひろゆきさん
    ありがとうございます。

  3. […] ここだけの話 先日の記事で長持ち研究家の瀬崎が 照明について研究していました。 その結果やはりLEDがお得という結果。 で、本田家はどうかというと、、、、 普通の照明。。。 照明 […]

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。