それでも太陽光の載せますか?(続き)

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。

 

先回の記事をお読み
頂けましたでしょうか?

各方面からコメントがありました。
ありがとうございます。

私は太陽光を絶対に載せるなと
言って訳ではありません。

安易に考えて搭載する事に
疑問を呈しているだけですよ。

さて、でもどうしても
太陽光を載せて見たいと思われる方に
アドバイスです。

まずは太陽光を載せるキロ数を
考えましょう。

 

先回の記事を読んでご理解
頂けた方は10キロ以上を
載せたいと言われないと
思います。

先回の記事はここクリック

この記事を読まれても
まだ10キロ以上を載せたい方は
この先を読まずにこのブログを
閉じて下さい。

 

 

 

ではどうしても載せたい方は
まずキロ数の考え方をお伝えします。

結論から言いますと
大体4キロ~5キロぐらいを目安としてみて下さい。 

10年後の買い取り保証期間が
過ぎて、買取価格が0円なるかも
知れないと想定します。

 

そうなった場合は余剰電力は
垂れ流しになります。

そうならない為に、昼間に発電した
電気を昼間に使い切るぐらいの
キロ数を想定して下さい。

それは大体4キロ~5キロではないでしょうか?

それぐらいのキロ数を想定して
シュミレーションして下さい。

無駄に発電しないキロ数を検討して
頂くと良いと思います。

昔は載せれるだけ載せて下さい。
って思っていましたが、すべては
2011.3.11から変わっています。

どちらにしても10年後でも
太陽光が発電していない時間帯、
つまり、夜や、雨、くもりの日は
電気を買う事になりますので。

実際は5キロまでは要らないかも
知れないですね。

はい、後重要なのは蓄電です。

この蓄電システムが完璧に
出来れば正味の話しは何キロ
載せてもOKです。※常識の範囲で。

発電したして余った電気を
蓄電出来れば深夜、雨の日も
電力会社から買う事がなくなれば
電気代0円になる可能性があります。

っていうか0円になるでしょう。

しかし、現段階では完全な蓄電機能は
出来上がっていません、

例えばパナソニックのこれ↓
ここをクリック 

現行価格で70~100万円。
※ネット価格。

太陽光の半分ぐらいの価格で
まだまだ高価で元が取れる様に
なるには至っていません。

今後蓄電システムが完璧に
なれば太陽光はとても価値ある
ものに変わるかもしれませんが。

よくよく考えると本当に完璧な
蓄電機能が発売される事があるの
だろうか?

そんな事になったら電力会社は
どうなるのか??

住宅などの供給は激減して、
発電機能が搭載出来ないマンションや
公共施設などのみの供給しか出来なくなる?

って考えると実はもう既に
蓄電機能は出来上がっているけど
敢えて「売らない、つくらない」なんて大人の事情が
絡んでくる可能性が充分ありますよね。。。

 

って事で、現状はもう少し見送りでも
良いのではと思っています。

ですので、準備するのであれば
載せいたと思った時に載せれる準備
(屋根の形状)をしておく事ぐらいです。

「太陽光10キロ搭載サービス
キャンペーン!」

って奴に乗っては駄目ですよ。

後、ローンの借り方については
よかったらこちらの動画を
ご覧ください。

 太陽光はローンを組んではいけません。

この記事を書いている人 - WRITER -

人気記事Top3 - Popular Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。