Q値にこだわり過ぎた結果

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。 クオホーム本田す。

さて、今日はタイトル通りQ値の話し。 そもそもQ値って何??

 

Q値は、壁や床、天井、屋根、開口部、換気などに よって
逃げていく熱の総量を床面積で割ったものです。

 

数字が小さいほど熱損失が少ない家となります。
この数字は設計や窓の仕様、大きさなどに
よって高めていく事が可能です。

 

先日見学会にご来場頂いた
ご主人さんと話しして
いましたが、当社のHPを
すごく参考にされているみたいでした。

 

その中でQ値の話しになり色々話しをしましが、
「クオホームさんはQ値0点台にしているのかと思っていました」

 

と、言われました。

 

Q値にこだわり過ぎると弊害もあります。
圧倒的なコストアップは問題なります。

 

一番の問題はQ値にこだわると
東西の窓が小さくなります。

 

中にはこだわり過ぎで東西に窓が
無い事も珍しくありません。

 

窓が小さいとどうなるのか?
分かりますよね。家が暗くなります。

 

窓の性能も高めて東西の窓を
小さく、もしくは無くす。

 

そうすればQ値は良くなって
いきますが、光が無い家もね~。

 

って、事であくまでも理想値が
あります。その理想値に少しでも
近づくためバランスが大切です。
この記事を書いている人 - WRITER -

人気記事Top3 - Popular Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。