土地の健康診断

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは クオホーム 本田準一です。

土地の健康診断って知っていますか?

土地には「健康な土地」と「不健康な土地」があります。


「健康な土地」とは今すぐに建物を建築しても何の問題もない土地です。

よく売りに出されている開発地とか、20区画の大型分譲地とか
っていう土地ですね。

問題は「不健康な土地」です。

ん~不健康って言われると何かいい気分しないですかね?

でも、この土地を上手にケアしてあげるととてもお買い得な土地に変わります!

例えばどんな状態かというと・・・
・市街化調整区域にある・・・家が通常建てられない地域にある
・田んぼの状態の土地・・・地上げ、農地転用、水道引き込み(※農地転用についてはまだ次回詳しく!)
・道路が狭い・・・建築基準法を満たしているか不明な土地
・上下水道が通っていない・・・敷地の前の道路まで来ていたらラッキー

など、すぐに建てられない状態とか具体的に調査をしないといけない土地があります。

でも上手にケアしてあげる事によって、安く買えるお買い得な土地になる事もあります。

ではどうやって確認するか?

ずばり建築屋さんに確認しましょう!

・・・えっ?不動産屋さんではないの?

そうなんです。

不動産やさんは建物を売るわけではありません。
土地を売ることが目的なのです。

なので、建築に関して詳しくない方が多いのです。

当然土地を買うのが目的ではなく、
家を建てるための土地を購入するわけですから
建築屋さんに購入する前にしっかり確認してもらいましょう。

そうすればお得な土地が手に入るかもしれませんよ!

では、また次回。






クオホーム 価値ある品質を追求する家づくり

大手ハウスメーカーでは高すぎる。でも「ただ安いだけの家」では不安。
そのどちらでもない「本当に安くて長持ちする家」をご存知ですか?

www.quohome.com

この記事を書いている人 - WRITER -

人気記事Top3 - Popular Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。