姫路で太陽に素直な設計を考えてみる(松尾和也氏)

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、クオホーム本田です。

本日は姫路の商工会議所でパッシブハウスジャパンの理事を
されています松尾先生の講演を聴いてきました。

2年半振りぐらい聴講でしたが、非常に面白く聞かせて頂きました。

これから家は高性能化して行く中でハウスメーカーも
ドンドンレベルアップして行きます。

 

その中で私たち工務店が出来る「自由度」や「設計力」「提案力」なども
しっかりと身につけて置く必要があるという事でした。

 

確かにその通りですね。

 

松尾先生が推奨する「太陽に素直な設計」
しっかりと考える事ですね。

 

弊社は数年前からコツコツと取り組んでいたお陰で
大分良いレベルまで上がっています。

 

でもまだまだ慢心する事なくさらに次のレベルに
行きたいと思います。

大事なのはコストバランスですね。
お金掛けすぎるともはやハウスメーカーと同等の
価格まで上昇してしまいます。

それでは勿体無い事になります。

 

それともう一つ大事なのは「メンテンス費」削減です。

ココも弊社としては長持ちする家の仕様や商品にこだわって
ご提案していますが、最近はココもしっかりと確認している
お施主様が増えているそうです。

 

「メンテンス費削減」「ランニングコスト削減」
を徹底的にこだわって「建てた後に掛かるお金をあらゆる面で削減」
する事ですね。

 

瀬崎がクオホームのキャッチコンセプトで
「ずぅ〜〜〜といい家クオホーム」※森本レオ風に (笑)

とずっと言ってますw

そんな家になるようなヒントをまたお伝えして
行きたいと思います。

↓家の中でこんな感じにならないように・・・。


この記事を書いている人 - WRITER -

人気記事Top3 - Popular Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。