地盤改良について考える(ハイスピード工法)

 
この記事を書いている人 - WRITER -

地盤改良について考える。

地盤改良って嫌ですね。

 

本来強硬な土地であれば
いらない工事。

 

でも、地盤結果が悪いなら仕方ない。。。

 

って事で今回は地盤改良について考える。

 

以前に瀬崎の長持ちブログで
解説していますのでまだの方は
下の画像をクリック↓

 

で、上記の記事内容の砕石杭改良「ハイスピード工法」
一般的なコンクリートの柱を打ち込む柱状改良工事。

実際費用的な事でいいますと殆ど変わりません。
※もちろん毎回ではないです。 

と、言うのは実際に改良する「深さ」に違いがあります。

柱状杭改良は全体的に工事費用は
砕石杭と比べると本当は安いのですが、
地盤を安定差せる為の支持層が深くなると
それだけ杭長が長くなります。

一方砕石杭になると地盤支持層は
柱状杭に比べると随分浅い位置になるケースが
殆どです。それが下記動画です。

砕石にすると横に広がり軟弱層を浅いところで
締める事ができます。

次に締め硬めの方法ですが
こちらも下記動画をご覧下さい。


少しイメージしていただけましたでしょうか?

資産価値の件はもちろんですが、
今後来るかも知れない地震の影響による
液状化現象にも強い改良方法で
あるので地域柄で軟弱エリアであれば
是非検討してみて下さい。

こういった事はお施主様が知識と
して知っておかないと建築側は紹介して
くれませんので知識として知っておかれる事を
おススメします。

この記事を書いている人 - WRITER -

人気記事Top3 - Popular Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。