Quohome staff クオホームスタッフのブログ

本田準一のここだけの話

姫路住宅展示場のハウスメーカーのイベントに惑わされずに見学する方法

2017.11.07.Tue

ご質問ありましたのでお答えします。

「こんにちは、いつもブログやメルマガを拝見させていただいています。私は大阪市内で建築予定なのですが、良い工務店さんがいまいち見つかりません。
ですので、ひとまずは総合展示場のハウスメーカーを見学に行ってみようかなと思っていますが、どこをどう見ていいのかが分かりません。何か気を付けることがありましたら、アドバイスいただけますでしょうか。よろしくお願いします。
ちなみにクオホームさん、大阪で建築してもらうことは無理でしょうか。建築可能であればぜひお願いしたいと思っています。よろしくお願いします」というご質問がありました。

 

家族で話が盛り上がり「家を建てよう!」と考えた時に多くの方は「地元の工務店はどこにあるかよくわからない」という事でイベントで賑やかな住宅展示場にあるハウスメーカーを見学に行かれる方が多いのかな~と思います。

 

でも気をつけてください。

 

闇雲に見学に行っても展示場の前にあるお子様向けのイベントに我が子が惹きつけられてお目当てのハウスメーカーを見学できないかもしれません。

 

ですので少し事前に準備して住宅展示場に行きませんか?
賑やかなイベントに惑わされずに住宅展示場を見学する為の方法を解説していきます。

 

1、姫路住宅展示場の中にどんなハウスメーカーが出展しているのか事前に調べる

姫路ハウスメーカー調べる

一番大事なのは、行く前にですね、必ず事前準備としてどんなハウスメーカーが出展しているのか調べておきましょう。

住宅展示場に行ってから「ああこんな会社あるんだ」って知ったところで、その場では中々選びきれません。

 

ですので、まずは住宅展示場の中に、どんなハウスメーカーさんが入ってるのかっていうのを確認しましょう。

 

積水ハウスさん、セキスイハイムさん、へーベルハウスさん、大和ハウスさん、ミサワホームさん、一条工務店さん、スウェーデンハウスさん、住友林業さんなどなど。

大手ハウスメーカーさんはいっぱいあると思いますのでその中でですねどれを見ていこうかってのをまずは決めてください。

主な姫路住宅展示場はこちら↓

神戸新聞ハウジングセンター姫路会場
https://www.e-a-site.com/showrooms/detail/65

神戸新聞ハウジングセンターリバーシティー会場
https://www.e-a-site.com/showrooms/detail/39

姫路・書写住宅公園 – ABCハウジング
http://www.abc-housing.co.jp/kinki/park/himeji.html

神戸新聞ハウジングセンター姫路会場
https://iko-yo.net/facilities/24620

1、鉄骨系か木造系かユニット系か?で分けても良い

では、何をポイントで分けたらよいのか?というひとつの決め手のポイント。

例えばですが、分かり易い分け方になると鉄骨か木造かっていうのがあります。
これをまず決めて行かれたらいいと思いますね。

鉄骨の系の会社が見たいのか、木造系の会社が見たいのか、ユニット系の会社が見たいのか?

これをまずは決めていく事をオススメします。例えば鉄骨、木造、ユニットの会社3社を1社づつ見ていくのも良いと思います。

後は自分たちの好みに合った外観だったり、イメージに近い会社をまず目安で見に行ってもいいのかな、と思います。

いきあたりばったりで、闇雲に行っても疲れてしまいますので、自分たちがある程度ホームページなどで下調べをしてから住宅展示場へは見学にいきましょう

その場で決めるとやっぱり結構決めれなくてですね、疲れてしまいますので、その辺はまず事前でチェックしておく事は必須です。

2、1回で住宅展示場で見学する会社は最大3社がオススメ

その中で3つくらいのハウスメーカーさんに絞って見に行きましょう。

総合展示場に行かれたら、センターハウスっていう受付があると思います。
そこの受付で名前や住所などの個人情報を記載する様に促されます。

 

これは知っておいて頂きたいのですが、そのセンターハウスで書いたお名前、住所、連絡先、電話番号っていうのは、その日、見学されなかった工務店さん、ハウスメーカーさん、すべてにその名簿が一応回るようなルールになってると思います。

そのアンケート用紙に多分書いてると思うんですね、そういう注意書きというか、文言が、書いてると思います。そこにですねその日に結構たくさんの営業さんが訪問に来ます。
これは今でも来るっていう風に色んな方から聞いてますね。

 

実際に自分たちが訪れていないハウスメーカーさんの営業さんが訪問に来たり、資料がポストに入ってたりします。営業をガンガン受けたい方はいいんですけども、そういった方たちがガンガン訪問される営業は困るっていう方はアンケートの書き方に注意して下さい。

2、住宅展示場のイベントに惑わされるな

ハウスメーカー イベント

さぁ、センターハウスをくぐると沢山の会社が展示場の前でイベントをしています。

これに惑わされてはいけません。

総合展示場行かれる土日、いろんな会社があの手この手でイベントをしています。
キャラクター人形が待ち受けていたり、風船作ったりとかですね、お子さんを楽しませるようなイベントをハウスメーカーさんは総合展示場のモデルハウスの前でテントを置いてやってると思います。

それに惑わされてですね、ふらふらーっと入って行ってはダメです。
あの手この手でですね、お子さんを引き入れるようなこういう営業をされていますが、まずは最初に自分たちが一番見たい会社さんを優先的に回りましょう。
イベントが見えない様に子どもの目を隠して歩いてですね、とりあえず親が行きたいところを先に回るようにしてください(笑)。
何故かと言うと「疲れます。」

 

お子さんをお連れして行くとやっぱり3時間、4時間とか見学するととてもじゃないですけど、お子さん飽きてしまって、もう話を聞くどころじゃありません。

ですので、まず第一本命のところに必ず最初に行きましょうっていう事です。

3、住宅展示場に入って確認しておくこと

姫路住宅展示場

さて事前にリサーチしていた気になるハウスメーカーさんに、総合展示場に入りました。

で、入った後どうするかっていうと、当然家の中の雰囲気、仕様、設備などを見ていただくのもすごく大事なんですけども、一番大事なのは、その時に、対応していただい営業さんをしっかり観察して下さいね。

 

その時に話をしてくれた営業さんっていうのがですね、見に行ったそのハウスメーカーさんの担当になります。

その日に会った、目の前にいる営業さんがあなたの家づくりの担当さんになります。

 

あなたがそのハウスメーカーで建てるんであれば、その方があなたの家の一生の担当になってきます。

 

ですので、その方の対応のされ方がを結構しっかり確認していただくと良いです。
言い方が悪いですが、その担当さんのやっぱり良し悪しによってですね、家づくりって全然変わってきます。で、やっぱり合う合わないがですね、絶対にあると思うんですね。

 

その営業さんと話をして、「何となく相性が合わない!」など、やっぱり「合う合わない」があると思いますので、最初にこうざっくり世間話なんかもしながら、相性を確認する事をオススメします。

 

その時に、もう既になんらか相性が悪いなとか、感じが悪いなとか、雰囲気悪いなとかでね、生理的に合わないなっていうのであれば、もう残念ですが、その会社は止められたほうがいいかな、と思います。

 

結構その時の勘って当たるんですよね。
そのときにちょっと嫌な感情を持った場合はですね、時間の無駄になりますので、その会社はさっさと出られてですね、残念ですが、次の会社を見に行かれたほうがいいかなと思います。
会社選びっていうより、やっぱり人選びっていうのがすごく大事になってきますので、ハウスメーカーさんの営業さんはプロなので、やっぱりあの手この手で言葉巧みです(笑)。

営業さんの本音を見抜くっていう事が非常に大事になってきますのでしっかり観察して頂きたいなって思います。
家の仕様とか設備とか値段とか構造とかですね、断熱性能とか、それは二の次です。
まずはその担当さんが絶対に信用できる人なのかどうかっていう目線でしっかりチェックしていただくのがいいんじゃないかなと、いう風に思いますね。

4、初回訪問で1社1時間程度を目安に見て回りましょう

住宅展示場 営業時間

その時に見学時間とはして一社に2時間、3時間かけたらダメです。

初回見学はだいたい一社1時間ぐらいで最初はOKです。

もし初回見学の時に気に入った会社があれば、後日連絡してもう一度ゆっくりお話を聞かせてください、という形でアポイントを取りましょう。

まずは一社1時間ぐらい、3社で3時間くらい目安で見に行かれるのが一番疲れずに、ストレスなく回れる時間です。お子さんも一緒だと疲れると思いますので、一社1時間ぐらいを目安にしておきましょう。

5、一社に3時間以上着座して話さないようにしておきましょう

ハウスメーカー 接客

もう一つ気を付けていただきたいのは、一社にですね、3時間以上かけては絶対にダメです。
住宅展示場に行ってあるハウスメーカーに入って話を聞いているとその内「ちょっとこの席に座ってください」っていう形で着座を促されると思います。
皆さん行かれた方はあるんじゃないかなと思いますけども、「ちょっとここに座ってください、資料用意しますので。」という形で言われると思います。
で、そこを着座したときに、その椅子に3時間以上座ったら危険です(笑)。
なぜかって言うと、とあるハウスメーカーさんが実は統計を取っているらしくてですね、初回接客で3時間以上接客したお客さんはほぼ契約になるというデータを持ってるそうなんです。

 

なのでそんな意味合いもあってですね、そこに座らされているということを意識してですね、実は見に行かれたほうが良いと思います。

まずはどんなに頑張ってもですね、一社1時間以内の着座にして資料もらってそのまま今日は帰りますって形で初回面談は終わりましょう。で、気になるようであれば、「後日もう一度連絡をして行く」これが一番いいかなと思います。

6、営業さんの対応を見抜くためのとっておきの質問をしましょう

ハウスメーカー 営業

それと、営業さんの本心?本音?や対応を見抜くために質問をひとつ、用意しておいてください。

 

これが、何かっていうと、こういった質問をしてください。

「もし◯◯さんが(担当者さん)、自分のこの会社で建てないとしたら、どこのハウスメーカーさんで建てますか?」っていう形で聞いてください。

 

唐突に聞いてください(笑)。

 

その時にさらっと答えが出てくる営業さんっていうのはすごくいいかなと思います。

その時の営業さんの顔の表情をしっかりと見てみましょう。

なんかこう「変な質問してきたな。」っていうような顔をする営業マンって、結構多かったりします。
そういった対応をする営業さんではなく、「あ、それだったら、僕だったら◯◯ホームがいいですかね」っていう形ですぐに答えてくれる営業さんはすごくいいと思います。
やっぱり「自社だけが良い!」っていう風に思っているわけではなく他の会社も認めてる人って「自社のデメリット、メリット、勝っているところ、劣っているところ、必ず把握してると思います。

そういった営業さんと、話ししたほうがいいかなと思いますね。
「いやあ、絶対他では建てません」とかって言ってる営業マンは私の判断ではアウトです。
そんな会社の営業さんとは、私は正直話ししたくないです。

その時に答えてくれたハウスメーカーさんで建てるとかっていう意味ではないですよ。
その時の答えの会社が良いとか悪いとかの話では無く、対応の仕方、話の仕方ですね、雰囲気、そのときの顔の表情、そういうのをちょっとチェックして欲しいと思います。

その瞬間に本性が出ますので、そのときに本当にそう思っているのかどうかっていうのをしっかり見抜いて観察してもらったら面白いんじゃないかなっていう風に思います。

そのときにですね、しっかり対応してくれたりですね、ざっくばらんに話ししてくれる営業さんってのは、すごくいい営業さんだと私は個人的に思っています。

だいたいその辺の話をしながら、1社1時間で3時間ぐらい回っていてたらほど良く疲れると思います。

7、動画でも解説しています。

動画でも住宅展示場の歩き方を解説しています。

 

8、まとめ

1、最初にインターネットでどんな会社があるのかを事前にリサーチしておく。

2、その中で3社に絞っておく。ポイントしては直感や、外観の雰囲気、鉄骨系、木造系、ユニット系などの工法で分けて見に行く。

3、住宅展示場に入ったら各ハウスメーカーのイベントに惑わされる事なく第一本命の会社に向かう事。

4、1社にかける時間は親も子供疲れるので1時間まで。

5、対応してもらっている営業さんとの相性を確認しましょう。

6、営業さんに唐突に「他の会社だとどこで建てたいですか?」と質問をぶつけてみて反応を見てみましょう。

 

お子さんと一緒に見学に行かれるとどうしても3時間ぐらいが集中して見学出来る時間の上限かなと思いますので、ある程度事前にどんな会社があるのか?などをしっかりと確認してから行動される事をオススメします。

その中で気になる会社さんがあるようであれば、後日名刺をもらったところに電話をして、担当さんにつないでもらって、「ちょっともう一度お話を聞きたいです。」っていう形で、今度はしっかり椅子に座ってお話しされたら良いともいますよ!

9、追記 クオホームは大阪で建築出来るのか?

姫路 工務店 クオホーム

すいません、施工エリア外ですm(_ _)m

 

 

 


人気の記事

ほぼ日刊!家づくりで200万円得する情報

現在クオホームでは無料のメルマガを発行しています
今から家を建てる人、すでに建て終わった方にも参考になる内容にしています。
携帯メールでも流し読みしていただけるように、文面はほどよい長さにしています。
ご不要になればいつでも解除できますので、安心して下記フォームからご登録下さい!

Categories -カテゴリ-

Entries -最新の記事-

  • 瀬崎 英仁の長持ちするブログ
  • 本田 準一のここだけの話
  • 岡田 由紀子の主婦の冒険の書