建売り住宅は、買ったらだめなの??

 
この記事を書いている人 - WRITER -

長持ちする家 研究家 瀬﨑です。

 

住宅業界は、消費税増税前の駆け込み需要でにわかに忙しくなってきております。
特に、姫路では、建売り住宅の勢いを感じます。

 

新しい分譲地ができたかと思うと、あっという間に家がたち、大変お手頃な価格で売りに出されています。実際、売れ行きも好調なようです。

こういう時、決まって注文住宅専門の営業マンは、こう言います。

 

 

「安い=悪い」
「建売り住宅=悪い住宅」

 

 

本当にそうなんでしょうか?

私は必ずしもそうは思っていません。

建売り住宅の低価格実現のための様々な工夫には、見習うべき部分が多くありますし、
実際、性能面で、一般の注文住宅と比較しても、悪くないものもあります。

 

 

住宅の良し悪しを決めるのは
「性能と価格のバランス 」です。

 

 

クオホームでは、「長持ちする家」をコンセプトに商品開発していますが、激安の建売り住宅のように、初めにかかるコストが圧倒的に安ければ、長持ちせずにメンテナンスにお金がかかったとしても、それでもお得と言える例があるのです。

 

 

これはこれで「性能と価格のバランス」が、より高いレベルで実現できているのですから、十分に選択の価値があります。

 

 

一番良くない選択は、「それほど安くない家なのに、性能もそれほどよくない家」です。

消費税増税前に、新築をお考えの方は、あせって上記のような選択をしないように注意して下さい。

 

 

性能のよくない家=光熱費が余分にかかったり、家の維持に高額の修繕費が必要な家

 

 

このあたりのことについてもっと詳しくお知りになりたい方は、小冊子「家をたてた後にかかるお金の話」を参考にして下さい。

 

 

メンテナンス費を安くする商品や工法、また、光熱費と断熱材の関係などの情報を中心に、まとめてあります。短期間で、「住宅の性能とコスト」について知識を吸収することができます。

まだ、無料でお渡ししております。

 

小冊子が必要な方はここをクリック⇒「家をたてた後にかかるお金の話」

 

 

*来月、神戸で、「家をたてた後にかかるお金の話」セミナーを、実施します。
興味のある方はそちらもぜひご参加下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -

人気記事Top3 - Popular Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。