「長期優良リフォーム住宅制度」始まる!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

長持ちする家 研究家 瀬﨑です。

今回は、長持ちするリフォームについて

2015年を目途に、本格的に「長期優良リフォーム住宅制度」が始まりそうです。

リフォームした事によって性能が改善した住宅に、

①補助金を出す 
②公的な評価書を出す

制度ですね。

これにより、「CO2排出量、エネルギー消費量の少ない性能のいい家が増えること」

また、「家の性能がはっきりすることによって、中古住宅流通の市場の活性化すること」を
期待しています。

まだ、具体的に補助金の額や、補助金の対象になるスペックは決まってはいませんが、これから大規模リフォームをお考えの方や、中古住宅購入を検討されている方にとっては、かなり有益な情報になりますので、アンテナをはっておいた方がいいです。

今回の情報は、中古住宅ではなく、新築を計画されている方にも、関係ない話ではありません。

もし、新築された家を将来、少しでも高く売却することを考えると、

①性能が高い
② 家の状態(性能や、修繕履歴)が明確

この2つは必須条件なりますので、そういった部分がしっかりしているかどうかも、住宅会社を選ぶ判断基準にしなければなりません。

今後、間違いなく、性能が良く、長持ちする家が、正当に評価される社会になっていきますので、事業立ち上げ時から、そう願っていた私たちとしては、うれしい限りです。

本年も、変わらず、いい家を追求していきたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

人気記事Top3 - Popular Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。