陽射しをコントロールして快適に暮らす方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -

長持ちする家 研究家 瀬﨑です。

今回は長持ちする光熱費の話。

光熱費を安く抑えるには、だいたい下の4項目に気をつけると
いい家になります。


光熱費を安く抑える4項目


①家の断熱性能に最も大きく関係する窓の性能をUPする。

②断熱材を厚く、隙間なく施工する。
③熱交換型と呼ばれる換気システムを導入して、換気による熱の移動を抑える。
④夏の陽射しをなるべく家に取り込まないようにすることと、
 冬の陽射しを できるだけ家に取り込むこと

今回は、④についての話をします。

夏の陽射しをなるべく家に取り込まないようにすること。
これ、かなり重要なのですが、なかなか実践できていません。

家の性能が高くなってくると、
一度取り込んだ熱が外に逃げにくくなってきますので、
取り込む必要のない熱は、できるだけシャットアウトしなくてはなりません。

これが、夏の陽射しを家に取り込んではいけない理由です。
では・・・

シャットアウトってどうしたらいいの?

 

お答えします。↓

①庇(ひさし)や、軒の出で、日射をシャットアウトする。
②カーテンや、ロールスクリーン等で部屋内から日射をシャットアウトする。
③簾(すだれ)や、外付けブラインド等で、外部から日射をシャットアウトする。

この中で、圧倒的に効果が高いのが、③の外部からの方です。

①の庇や、軒の出でシャットアウトする方法は有効なのですが、
方角の影響が大変大きく、どの窓でも機能するわけではありません

②の部屋内からシャットアウトする方法でカットできるのは、およそ45%
それに比べて、③の外部からの方法だと、なんと83%もカットが可能です。

83%です。

すごいです。
日射はわずか17%しか入ってきません。

そこで、最近注目のスタイルシェードをご紹介します。

 

これはもちろん③の外部から日射をシャットアウトする商品です。

LIXILの商品ですが、最近になってかなり売れてるようです。
日射を遮ることの有効性を、わかっている方が増えたのでしょう。
この商品を採用すれば、
エアコンの使用頻度が間違いなく減ります。

後からでも取り付け可能ですので、リフォームでの設置もおすすめです。

夏の日中は極力、日射を部屋に取り込むべきではないと、
言うことがおわかり頂けたと思うのですが、ここで確認です。

 

あなたの家、誰もいない部屋のカーテン、
開けっ放しになっていないですか?

 

これは、夏には絶対してはいけません。
日射がどんどん家の中に入ってきますので、
どんどん家が暑くなります。

初めにお伝えしたとおりです。

家の性能が高くなってくると、
一度取り込んだ熱が外に逃げにくくなってきますので、
取り込む必要のない熱は、できるだけシャットアウトしなくてはなりません。


これが冬だと全く反対で、とにかく昼間はカーテンを開けて、
日射を部屋に取り込みます。
日が暮れたら、すぐにカーテンをしっかり閉める。
シャッターが付いていれば、それも閉める。

こうして、昼間取り込んだ熱を、できるだけ外に逃がさないように、徹底する。

快適に過ごすには、家の性能はもとより住人の住まい方も影響してきます。

住まい方については、その人の性格にも関係してくるので、なかなか
奥が深いです。

また、そのあたりについても情報発信していきたいと思っています。

あっでも、これは、人によってかなり内容が変わってくるものなので、
直接お会いできた方との話になるかな・・・ 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

人気記事Top3 - Popular Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。