壁掛けテレビってどうなの?メリットとデメリットを解説します!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

長持する家 研究家 瀬崎です。
今回は、最近ご要望の多い壁掛けテレビについて解説します。

壁掛けテレビのメリットを知っておきましょう!

壁掛けテレビのメリットはたくさんありますが一番のメリットというのは何といっても部屋がスッキリするという事です。
テレビボードに置いている時の状態というのはどうしてもゴチャゴチャとした感じになってしまいます。
奥行もありますしね。

 

テレビ自体はどんどん薄くなっていますので、テレビボードが無くなるとそれだけで驚くほど、部屋のスペースが広くなります。
置き場所にも困らないので、スペースを有効活用する事が出来ます。

 

そして壁掛けテレビのもう一つのメリットというのが地震に強いという事。

 

通常テレビを置く場合どうしても地震で倒れてしまうリスクがあります。
薄型が主流なので、昔のようにブラウン管テレビが倒れた時に比べたらまだ怪我のリスクは少ないとはいえ、TV自体が大きくなっているので危険な事にかわりはありません。

 

その点、壁掛けテレビでしたら壁に金具で固定します。
さすがに壁が崩れたりしたらどうしようもないですが、そういった事がない限り大きな事故が起きる心配というのはありません。
これは、大きなメリットです。

 

また、単純にオシャレに見えるようになるのもメリットです。
壁掛けテレビに変えるだけで自宅の雰囲気は変わります。

 

テレビボード選びのセンスが悪くて、リビングを台無しにしてしまう場合もありますので、そもそもテレビボードを買う必要がない壁掛けテレビは、そういったセンスに自信のない方にもおすすめですね。

壁掛けテレビのデメリットも知っておきましょう!


当然ながら、壁掛けテレビにはデメリットもあります。
まず一番のデメリットと言えるのが簡単に位置を変える事が出来ないという点。
テレビを壁掛けにする時に専用の金具を壁に付けて固定する形になりますので、必然的に位置は変えることが出来ません。

 

また配線を通す為壁に穴を空けたりといった事もしますので、もしも位置を変えようと考える場合様々な作業をやり直す必要が出てきます。
ですので模様替えを頻繁にするといった人でしたら壁掛けテレビが邪魔になってしまう可能性がありますので、壁掛けテレビを付ける事は向きません。

 

また壁掛けテレビといってもどの壁でも取り付けられるわけではありません。
片引き戸の戸袋にあたる薄壁部分だと壁の強度が不足するため、設置は難しくなります。

 

新築の場合は、あらかじめ壁掛けテレビを設置したい場所を打合せ担当者に伝えておく事が重要です。
また、今住んでいる部屋に設置する場合は、付ける事が出来るかどうかという事を事前に確認することが必須です。

 

せっかく壁掛けテレビを買ったのに、つけられないんじゃ笑うに笑えませんよ…

 

補足としまして、壁掛けテレビの場合、配線は基本的に壁の中を通しますので壁に穴を空ける事になります。
つまり賃貸物件では、利用するのは難しいと思って下さい。

壁掛けテレビの注意点!ここを抑えておけば大丈夫。


壁掛けテレビの注意点としてまず知っておいた方が良いのは壁掛けテレビを素人が設置するという事はそこまで簡単ではないということ。
手順としては壁に金具を付けて、その金具にテレビを固定するといった流れになります。
DIYが得意な方なら出来ない訳では無いです。

 

ただその壁が本当に設置に向いている壁かを判断する必要があります。
これを素人が完全に判断するのは難しいですし、仮に自分で設置が上手く出来たように見えても、やはり素人の作業ですからテレビが落下する危険性も残ります。

 

万が一の事を考えると、危険ですし、テレビの修理代も相当な額になると思いますので、できれば、費用はかかりますが業者さんに設置を依頼する事をおすすめします。

 

ただしここでも注意点なのですが、大きいテレビであればあるほど費用はかかってしまい、高いところだと設置費用に10万円かかる場合もあります!!
今の金額は電気量販店に頼んだ場合の費用です。

 

新築の場合だと、工務店に頼めばそこまでの費用はかからないとは思います。
また、工務店だと配線関係を隠すことも簡単にやってくれますので、新築時に頼むのはお得です。

壁掛けテレビの高さ設定って、何気に難しかったりします・・・


壁掛けテレビの高さ設定というのは何気に難しいところです。
一度高さを決めると動かすのは難しいですし、もしも壁掛けする高さを間違えてしまうと首が疲れてしまったり肩こりの原因にもなります。
こうなると、当然テレビも見辛くなりますので慎重に決めなければいけない部分です。

 

実際の高さの決め方というのは普段からのテレビの視聴スタイルによって変わってきます。
床に座ってテレビを見る場合、ソファーや椅子に座ってテレビを見る場合、立ったまま見る事が多い場合それぞれ理想の高さが違ってきます。

 

ですので家族がいる場合でしたら、家族で話し合ってどの視聴スタイルが一番多いかというのをまず結論付けておくべきです。
ちなみに見やすい位置というのは目線より若干上気味です。
視聴スタイルから見た目線に完全に合わせて設置してしまうとかえって見辛くなるので注意してください。

 

ちなみに、どんな体勢であっても見やすい方が良い場合高さ100cmに設置するのが良いと言われています。
この高さでしたら床に座ってテレビを見る場合、ソファーや椅子に座ってテレビを見る場合の両方で違和感がありません。

 

もちろんこれはあくまで目安で、実際にはテレビの大きさや視聴スタイルでそこから修正していく必要があります。
ですのでまずは高さ100cmでシミュレーションして、そこから自分達の視聴スタイルに合わせて修正していくのが一番良い方法だと思います。

 

業者さんを呼んで壁掛けテレビを設置するのでしたら、業者さんともよく話し合うと良いです。

壁掛けテレビを買い替える場合はどうなるの?


壁掛けテレビを買い替える際というのは、同じメーカーの物を再び購入するという事でしたら特に問題はなく、スムーズに買い替える事が出来ます。
ですが同じメーカーではなく、違うメーカーの壁掛けテレビに買い替えようとする際には少々大変です。

 

違うメーカーの物を設置する際というのは前まで付けていた金具の種類が変わります。
そうなると、今まで使っていた金具をそのまま使うという事が出来ず、一度金具を取り外して再度別の金具を取り付ける必要があるからです。

 

純正品でない金具でしたら違うメーカーのテレビであっても設置する事が出来る場合はあります。
しかし、これはこれで、金具によってはすぐに緩んでしまう事があるので難しいところです。

 

純正品でない金具は便利ではありますがそういったデメリットもありますので、将来的に違うメーカーのテレビの買い替えを考える可能性がある場合であっても、私は、なるべく純正品の金具を使用する事をおすすめします。

 

また、同じメーカーであっても、大幅に違う大きさのテレビに買い替える場合は金具の位置が変わってしまいます。
最近のテレビの大きくなり方、半端ないですからね。

 

32型だと、もう小さいテレビという印象です。
今、十分大きなテレビだと思っていても、数年後に買い替える際には、もっと大きなテレビになる可能性は十分あります。

 

そう考えると、あらかじめ大きいサイズにも対応出来るように広範囲に壁の補強をしておくと、買い替えの時にテレビの選択に困るという事はありません。
新築限定ですけどね・・・

まとめ

壁掛けテレビのメリットは、
・スッキリ
・オシャレ
・地震がきても安全

デメリットは、
・設置難しい
・位置が変更できない

設置は業者に頼むといい。
新築時だと安く設置できる。
壁の補強範囲は大きめに。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。