光熱費を安くする家造り①

 
この記事を書いている人 - WRITER -

長持ちする家 研究家 瀬崎です。

今回は光熱費を安くする家造りについてお話します。

『光熱費が安い家ってどんな家だろう?』と考えると、いろいろ答えが浮かびます。
・高気密・高断熱の家
・太陽光発電パネルが搭載されている家
・風通しの良い家
・エコキュートのある家
・LED照明がたくさんある家
・オール電化の家
・無垢床や、珪藻土壁など、湿度を調整する内装材を使った家
・性能の高い窓を使った家   ・・・etc
まだまだ あると思いますが、ざっとこんなところでしょうか?

クオホームが目指す家造りは、建てた後になるべくお金がかからない家造りですので、光熱費を安くする方法もいろいろ研究しております。

なんでもかんでも取り入れてしまうと、建築コストが高くなりすぎてしまって、建てられる人を選んでしまうことになります。

それは、私たちが望むところではありません。

費用対効果の高いものを選定して、それをお伝えしていくという事が重要だと思っております。

ところで、クオホームのホームページは、リフォームの事にはあまりふれていないのですが、最近、リフォームの問い合わせが増えています。

せっかくですので、リフォームにも使える光熱費削減に費用対効果の高い商品をご紹介しようと思います。

これです。↓

「ハニカムサーモスクリーン」と言う商品です。
ちなみに、我が家でも愛用しています。写真も我が家の写真です・・・

締めるとこんな感じです。

優しい光が、心地いいです。

生地も丈夫です。
つまんでも問題なし。

これだけでは、ただのインテリア紹介になるので、 ここから性能説明に入ります。

形状に秘密があります。
蜂の巣のような形で、空気層を形成します。

この空気の断熱性能で、窓の性能を飛躍的にアップさせます。

どれくらい変わるかというと、

なんと、シングルガラスの窓が、 樹脂サッシ+Low-eガラスと同等のスペックになります。

カーテンの親戚みたいなものですから、工事らしい工事も必要ありません。

私でも取り付けできます。
実際に、私の家は、私が取り付けましたので本当です。

インプラスなどの内窓を設置するより、ずっと簡単ですし、費用も安くすみます。

また、開閉できるという特徴がありますので、

例えば、冬の昼間は、ハニカムサーモスクリーンを開けておいて、太陽光をできるだけ取り込み、日が陰ってくれば、しっかりしめて、暖房効率を高めるという使い方もできるのです。

さらに、あまり大きな声では言えませんが、ネットでは、ハニカムサーモスクリーンの類似品も販売されています。

私は実際に商品は見たことはないのですが、価格だけ見ると、ハニカムサーモスクリーンの半額くらいです・・・・・

ハニカムスクリーンでもお買い得だと思いますので、この類似品の性能や品質が、本家と大差がなければ、本当に本当にお買い得ですね~。

光熱費を抑えたい。
カーテンをこれから購入される という方は、一度、ご検討下さい。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. […] で、当社では以前瀬崎の長持ちブログでもご紹介した一押しカーテン 「ハニカムサーモススクリーン」  […]

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。