床下エアコンで失敗しないために完全解説してみた。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、クオホーム本田です。

今回は、床下エアコンについて解説していきたいと思います。

本田

全館空調システムで話題の床下エアコン。

全館空調システムと一言でいっても、いろいろあると思います。

その中でも弊社が改めてコスパが良いと思えるのが、床下エアコンシステム。

 

今回は床下エアコンのメリット・デメリット、施工においての注意点も含めて、全て解説していきたいと思いますので、ぜひ最後までお付き合い下さい。

 

まず、家の中の温熱環境を快適にするために何が一番必要なのかというと、やはり冷暖房計画なんです。

この冷暖房計画を考えるために、全館空調システムがあります。

この全館空調システム、いろいろな種類があるんですが、家の中を暖めたり冷やしたりするシステムで、

一番熱源効率が良いのは、やはりエアコンなんじゃないかと言われています。

ですから、このエアコンをうまく使う方法を考えていくのが一番良いんじゃないかというのが、床下エアコンを採用したきっかけになります。

 

床下エアコンは、その名の通り、床下空間を使った冷暖房システムになります。

床下を暖めたり冷やす事によって、何が期待出来るかというと、1階の床の温度ムラがなくなります。

基礎の部分は全て繋がっているので、リビングだけでなく、ホールや洗面所、トイレまでも暖かくなるので、家の中の温度ムラがなくなっていきます。

この現象を温度のバリアフリーというのですが、家の中の温度差が無くなる事で、家の中の不快指数を減らす事が出来ます。

 

ただ、床下エアコンにも、当然メリット・デメリット、施工店の注意点がありますので、それを踏まえて今から少し深掘りして解説していきたいと思います。

 

こちらが実際にモデルハウスに設置している床下エアコン。

カバーを外すとこんな感じ。中にダイキンさんの床置形のエアコンを設置しています。

 

床下エアコンで失敗しないために完全解説してみた。

 

床下エアコンを施工する際に気を付けておかないといけないポイントがありますので、それについて解説していきたいと思います。

まず1番大事なのが、家の性能を良くする、家の気密を良くするという事です。

基本的に家全体の性能が高くないと、全館空調システムをつけてもコスパは悪くなるだけです。

まずは、基本的な家の性能を上げましょう。

 

家の性能指数を知る

 

ここで注意してもらいたいのが、家の性能指数はどのくらい必要か。

HEAT20(=2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会)の指針の中で表されている『 G2 』グレードを目指して頂きたい。

これが最低限。

必ず『 G2 』グレードをクリアしなければ、床下エアコンの意味がない訳ではありませんが、最低でもそれを基準に見て頂けたらと思います。

 

HEAT20のG2グレードって何?

全館空調の評判が知りたい?それならHEAT20を知っておこう!

こちら地域区分がありまして、当然エリアによって家が持っておかないといけない性能数値って変わってきますので、それを示していただいております。

 

注意ポイント:

令和元年の11月16日に、“建築物省エネ法の改正に伴う地域区分の見直し”が行われていますので、地域区分が少し変わっています。

自分の住んでいる地域、建築予定地が、どの地域に該当するのかをまずもう一度調べ直してみて下さい。

リンクページを下に貼っておきますので良かったら確認してみてください。

https://www.kenken.go.jp/becc/building.html?fbclid=IwAR2yJqQyX6d8BYL_Gz7ez5zJmWHSP__khaD2xyjeZ_HSxGEElmjMU6qnjm8#1-3

 

では、『G2』グレードにするためのUA値は、実際どれぐらいなのか。

1~3地域が0.28,4・5地域が0.34、6・7地域は0.64というUA値を取得しなければならない。

数字が小さいほど、性能が高いという事です。

例えば、弊社のエリアではUA値=0.46以下

この0.46という数値を保つように家の性能基準を保っています。

 

このUA値が高くないと、家の中の暖めた空気が家の壁を伝って結局外に逃げていっちゃいます。

エアコンをつけても、家の中がいつまでも暖まらないという状況になってしまうので、やはり家の断熱性能は高めておきましょう。

その基準として弊社が推奨しているのが、G2グレードで示されているUA値だという事です。

 

気密性能

 

その中でも、気密測定は、必ず行ってほしい作業のひとつ。

気密 = 家の中にある無駄な隙間のコト

これを数値で表すとC値。この無駄な隙間をなくす気密の工事は必須です。

C値は、どのくらいを目安に施工するべきなのか。

弊社が推奨しているのは、1.0以下。理想値は0.5前後。

この無駄な隙間をなくしておかないと、家の中でせっかく暖めた空気が、その隙間からどんどん外へ逃げていくので、同じくエアコンの効率が悪くなります。

もし、床下エアコンや全館空調システムをされる場合は、ぜひ気密測定をしてもらいましょう。

このC値を測定するタイミングにもいろいろ議論がありますが、工事中でも良いですし、完成後でも良いと思います。

 

また、このC値について、

他の会社で、モデルハウスのC値が0.2でした。ですから大丈夫です。

と言われたなんて話もお聞きします。

が、モデルハウスのC値なんて関係ありません!!

C値というのは、すべて現場で測定するものなんです。

仮にモデルハウスでC値が0.0だったとしても、自分の家とは関係ありません!!

必ず、施工中のお家で測定してもらいましょう。

 

基礎の仕様

 

次に、基礎の仕様がすごく大事。

実際にオーナーさんが見てもあまり分からない部分ではあるかもしれませんが、基礎の中の工夫が必要。

見て頂ければ分かる通り、床下エアコンは半分が床下部分に埋め込んであります。

基礎の中をエアコンの空気が循環しています。

 

皆さん基礎部分を思い浮かべてみて下さい。

 

 

そうです。基礎にはいくつもの壁が立ち上がっています。

その立ち上がっている部分によって、どうしてもエアコンの空気を流す邪魔をされてしまうのです。

この基礎の立ち上がりが沢山あり過ぎると、家の隅からエアコンの空気を送り込んでも、立ち上がりが邪魔をして、基礎中に空気が回らないという事態に陥ります。

 

では、どういった工夫をするのか。

まず、基礎の立ち上がりを減らします。

しかし、基礎の立ち上がりを減らすだけでは、当然構造的に問題が出てきます。

その問題が起こらないようにどうするか・・。

 

そこで、地中梁というのを使います。

 

地中梁とは何か??

名前の通り、地中に埋められた梁のコトです。

この地中梁を使って、基礎の立ち上がりを減らすコトが出来ます。

全て無くすというわけにはいきませんが、地中梁を使うコトによって、基礎の立ち上がりをずいぶん減らすことができます。

ですから、そういった基礎の構造検討をできるかどうかというのも一つのポイントに。

通常の基礎だけではなく、地中梁を使った基礎構造を検討してもらう必要があるので、そちらもご注意下さい。

 

温熱環境の世界ですごく有名な西方設計の西方先生をご存知でしょうか。その方は、コラム基礎という基礎を施工されています。

よく知られている基礎の立ち上がりは、壁のような形状ですよね。

西方先生がされているのは、こういった円柱型の基礎↓

画像引用元:https://ameblo.jp/passive-fukui/entry-12000660514.html

 

このコラム基礎は、非常に空気の周りが良くなるので、空調の効率が更に良くなります。が、この基礎、施工が非常に難しいと言われています。

ですから、僕らのような一般的な工務店が床下エアコンを施工する場合は、地中梁を使って、できるだけ基礎の立ち上がりを減らす。

それが、一番現実的ではないでしょうか。

 

基礎の仕様についての工夫は、他にもあります。

基礎の外周部の高さと内周部の基礎の立ち上がりの高さを変えています。

どういう事かというと、基礎の立ち上がりがあっても、それを越えて空気が流れるように施工する事がポイント。

文章で説明しても分かりづらいと思うので、下写真をご参考に。

 

基礎と土台の間に、隙間がなさそうに見える面が外周部。

もう一方の面、基礎の立ち上がりがあって、上に黒い部分が見えますね。こちらが、内周部の基礎の立ち上がりです。

ここの高さを変えています。

上記の写真に見える黒い部分、これが城東さんの基礎パッキンです。

 

基礎パッキンの通気ができる製品です。通気パッキンと呼んでいます。

これを入れる事によって、仮に基礎の内壁に空気が当たったとしても、多少なりと通気パッキンから空気が逃げるような工夫をしています。

 

 

このように、基礎の立ち上がりを作るときに、基礎の天端の高さを変えています。

外周部と内周部の施工の高低差が、大体24mm。

弊社では、高低差を24mmに調整することによって、基礎の中でも十分に空気が流れるような工夫をしています。

これは結構見逃しがちなポイントになりますが、実際にこんな仕様が出来るかどうか、もしくは床下エアコンを施工されている会社が施工方法を知ってるかどうかは結構重要なポイントに。

難しい内容ですが、こういった情報も、オーナーさんがきちんと知っておく事が、結構重要なんじゃないかなと感じます。

 

ちなみに、外周部には天端リストという日本住環境さんのゴムのパッキンを入れています。

それを間に挟むことによって、土台と基礎が絶対に密着しない様に施工しています。

これは、湿気を防いだりシロアリ対策の為です。

この天端リストは、日本住環境さんのホームページに載っていますので、また良かったらご覧ください。

 

このようにして、土台と基礎の間に空気が通るようにしています。

これらの話をしても意味が分かっていない工務店さんに床下エアコンを施工してもらうと、効きが悪くなったりといった不具合の可能性もあるかもしれないので、ご注意下さいね。

 

床下エアコンのデメリット

 

これまで、床下エアコンの施工方法やメリットをお伝えしてきましたが、当然、床下エアコンにもデメリットはあります。

 

シロアリ対策

 

何かと言うと、まず一つ目が、シロアリ問題。

こういった床下空間を使った全館空調システムだと、基礎の仕様は基礎断熱になります。

床下をすっぽり囲った基礎断熱仕様にする事による一番のデメリットは、やはりシロアリ。

ですから、しっかり防蟻処理をしておかないといけません

防蟻処理の仕方は色々ありますが、僕らが今のところ最良だと思ってるのは、ホウ酸処理といった防蟻処理です。

この処理に関しては、シロアリ対策として、また別の動画で解説していきたいと思います。

シロアリ対策をしっかりと行う事が、床下エアコンを施工するに当たって、非常に大事な作業になると思いますので、知っておいてくださいね。

 

エアコンの保証は?

 

もう一つのデメリットは、エアコンの保証が利きません。

壁掛けエアコンは、壁にかけて使用した際には、故障に対するメーカー保証がありますが、床下エアコンとして使用した場合、故障してもメーカーは保証をしてくれません。

ただ、エアコンも当たり外れがあって、壊れる時は壊れますし、壊れない時は壊れないと思っていまして、エアコン自体、通常の一般市販品を使っていますので、他の空調システムに比べると、安価な商品です。

床下に半分埋め込んだ状態で施工していますが、外で使ったり、変な使い方をしている訳ではないので、エアコンの保証がないからといって、すぐに壊れるかどうかは、別問題なんじゃないかなと思っています。

それでも、どうしてもエアコンの保証を付けたいとおっしゃる方は、床下エアコンを止められたほうがいいと思います。

 

エアコンの保証に関して、いろいろ言われる方もいらっしゃいますが、室内で使用しているので、エアコンがすぐに壊れてしまったという事例もあまり聞きません。

例えば、エアコンが50万や100万するような高価な製品で、そういったエアコンを使って保証が付かないのは問題だと思いますが、よく見かけるエアコンは、1台10万しないですし、こちらで紹介したエアコンも、ネットで買うと大体10万ぐらいで購入する事が出来ます。

ただ、何回も言いますがエアコンの保証が付きませんので、それが嫌な方は床下エアコンの採用は止めておきましょう。その辺は、施工される工務店さん、施工されるオーナーさんが、ご自身で判断して頂ければと思います。

 

床下エアコンの種類

 

この床下エアコンですが、設置するエアコンのタイプが2つあります。

モデルハウスで採用しているのは、床置きタイプのエアコンです。

床に置いて設置するエアコンなんですが、ダイキンさんの通常の一般市販品のエアコンです。

これとはまた別に、皆さんがよくご存知の壁掛けエアコンを埋め込んで使用する場合もあります。

 

じゃあ、どちらがいいのか。

正直、どちらでも良いと思います。

が、多少なりともメリット・デメリットがありますので、その点について解説していきましょう。

 

壁掛けエアコンのメリット

 

まず、壁掛けエアコンの一番のメリットは、エアコンの本体の値段が安いコトです。

大体のお家が、6畳~8畳用で十分まかなう事が可能ですし、市販品の一番安いグレードのエアコンを付けるので、5万~8万ぐらいあれば、十分に設置する事ができます。このように、価格に対するメリットはあると思います。

床下も暖まりやすく、1階の温度ムラが少なくなりますので、そういった使い方をされる場合は、壁掛けエアコンが良いんじゃないかと思います。

それに比べて、床置きエアコンの価格は、10万~15万ぐらいします。

 

壁掛けエアコンのデメリット

 

ただ、デメリットがありまして、冷房時には一切使えません。

床に冷気を吹き出してしまうと、条件によっては結露してしまう恐れも。

また、冷気は上昇しにくいので、どちらかというと、壁掛けエアコンを使った床下エアコンは、冬場に活用するシステムとなります。

 

では、夏場はどうするのか??

夏場は床下エアコンが使えないので、それとは別に、壁掛けエアコンを付けていただくか、また別のシステムの冷暖房計画を考えていただく必要があります。

弊社でも採用している小屋裏エアコンだったり、階間エアコンというのもありますので、そちらも合わせて検討して頂く必要があるんじゃないかなと思います。

 

床置きエアコンのメリット

 

壁掛けエアコンに金額の面では勝てない床置きエアコンですが、メリットはあります。

というと、温風が下に一気に吹き出すので、床の温度を暖めるのには、すごく効率が良いのです。

 

床置きエアコンは、上下に吹き出し口があります。

暖房機として使って頂く場合、上下両方から暖気が流れます。

つまり、床下にも床上にも温風が流れるので、リビングの中が暖まりやすくなります。

そして、この暖かい空気が早く上昇するので、2階を暖めるには非常に効率の良いタイプになっています。

 

しかし、どちらが良いかと聞かれると、実際にはいろいろな考え方があります。

 

僕らが、敢えて床置きエアコンを採用するのには、理由があります。

何かというと、冷房機にも使えるという事。

 

基本的に夏場は、弊社も別のエアコンシステムを使って家の中を冷やすのですが、それでもどうしてもめちゃくちゃ暑い時は、設置している全館空調システムのエアコン1台だけでは、効かない時があります。

ですから、その時は、床置きエアコンの上の吹き出し口から冷気を出し、夏場の冷房機の補助的な使い方も出来る、そういったメリットもあるので、採用しています。

 

例えば、すごく寒い地域。

寒い地域で冷房はあまり使わないような地域だと、逆に壁掛けエアコンの方が良いんじゃないかなと思います。

西日本地域や第6地域などは、夏場暑くなる時も多いので、この壁掛けエアコンっていうので冷房機の補助として使うっていうのも考え方として一つはあるんじゃないかなと思いますので、その辺も踏まえてどちらを使うかっていうのを考えていただけたらいいんじゃないかなというふうに思いますというところですね。

 

床置きエアコンのデメリット

 

先程お伝えしたように、エアコンの上からも暖気が流れます。

設置場所によっては、この温風が体に直接当たってしまうので、それが不快だという方もいらっしゃいます。

そういった方には、壁掛けタイプのエアコンをお薦めします。

このように、メリット・デメリットがありますので、その辺も踏まえた上で、壁掛けエアコンか床置きエアコンか、どちらか選んで頂ければと思います。

 

壁掛け?床置き?どちらを選ぶ?

 

現状としては、弊社の地域は、夏場暑い地域なので、こちらの床置きタイプを多く採用しています。

そうは言っても、この床下エアコン、中にはどうなの?とちょっと懐疑的な意見の方も結構いらっしゃいます。そもそも、エアコンをこういった形で床下に置くというのは、いまいち納得ができないと言われる方も当然いらっしゃいます。

その意見もごもっともだと思います。

このように、いろんな考え方はあると思いますが、今現状として、一番コスパが良いと思っていますし、逆に、これが100%良い全館空調システムだとも思っていません。

 

当然、お金を掛ければ、いろんな良い全館空調システムがあります。

ただ、私達が優先して考えないといけないのが、コストパフォーマンスだと思っています。

それを踏まえた上で、皆さんが最終的に判断して下さい。

 

他の全館空調システム

 

ちなみに、他社が採用されている全館空調システムだと、Z空調やyucaco、ガデリウスさんが出しているRDKRという換気システムとダイキンのアメニティエアコンのベルトインエアコンを合体させたようなシステムもあります。

いろんなシステムがあると思うので、その辺も精査して、最終的にはオーナーさんに選んで頂けたらと思います。

 

ただ、弊社では、床下エアコンが一番コスパが良いと思って、採用させて頂いております。

この先もっと良い全館空調システムがあれば、ぜひそちらも採用検討していきたいなというところであります。

 

まとめ

 

長くなりましたが、これが床下エアコンのシステムの概要となります。

最後に、もう一度まとめていきたいと思います。

 

床下エアコンを設置するために大事なのは、家の性能を上げるコト。

■UA値は、HEAT20のG2グレードを必ずクリアするという事が、必須条件。

■気密測定を必ず実施する事。最低でもC値1.0以下。

■施工方法

→基礎の立ち上がりを減らす

→防蟻処理をしっかり考える

→床置きエアコンか壁掛けエアコンかを検討する

これらをしっかり検討した上で採用していただけたらと思います。

 

ただ、施工する場合、基本的には工務店責任です。

施工してもらう工務店さんが、床下エアコンを実際採用した事のある工務店さんと情報交換が出来たり、施工を事前に見せてもらえたり出来るような工務店さんでやらないと、失敗するケースも。

工務店さんが意欲的にそういった勉強の出来る会社であれば、採用してもらってもいいんじゃないかと思います。

あくまでも、責任は工務店さん側にあると思いますが、工務店さんとよーく相談してから検討しましょう。

 

お客さん発信で無理やり施工させてしまうと、失敗してしまう事もあります!!

その辺を重々承知の上で、検討されてみてはいかがでしょうか。

 

また、他に全館空調システムで良いのがあれば、紹介していきたいと思います。

 

動画でも解説しています

この記事を書いている人 - WRITER -

人気記事Top3 - Popular Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。