ちょっと気になったんだけど、気密コンセントBOXって、必要なの?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

長持ちする家 研究家 瀬崎です。

どんどん家の高断熱化が進んでいますね。
電気の自由化も始まり、ますます光熱費に関心が高くなっていく事が予想されます。

家の断熱性能を向上させるには、窓・屋根(天井)・床・壁の断熱性能を上げることだけではなく、
気密性能もしっかり上げておくことが必要です。

今回は気密施工に絡むお話です。

いくら、窓にいいものを使っても、気密性能が悪いと、効果は目減りしてしまいます。

気密性能はC値という数字で表されるのですが、最近は、お客様の口から、「C値」という言葉を
聞くことも多くなってきました。

数年前では考えられなかったことですので、正直驚いています。

何十年も住宅建築の世界にいながら、「シーチ?なんじゃい、うまいのか?」
という建築関係者が、未だにたくさんいるのに、会話が成り立つのか、心配になります・・・

まあ、それはておき、このC値という数字は、工事中に気密測定しないと測れません。いくら机で頭を悩ましながら計算しても一生答えは出ないんです。

まさに、どれだけ、現場の施工レベルが優れていたかの証明なんです。

測定費用として、5万くらい費用がかかりますが、
絶対にやることをおすすめします。

目標はC値1.0以下です。(数字が小さいほど隙間が少ないということなので、性能は上です。)

気密測定は必ず工事中に実施しなくてはいけない理由

完成してから気密測定しても意味ないですよ!
工事中に実施することで、施工ミスをその場で発見できるというメリットがあるんです。

電気や、ネットの引込や、給水菅、給湯管、ガス管など、外壁を貫通して、気密に影響する仕込みをすべて完了し、その貫通部周りを気密処理した後に気密測定です。

中には、気密測定の数値が悪くなるのを嫌がって、気密測定してから仕込みする会社まであるそうです・・・・

それって、まったく意味ないですよね。そんな卑怯な方法で、良い数値取ってどうするんでしょう?

数値を自慢し合うのが目的ではありません。(←ここ重要)

なので、そもそも気密測定をしないという住宅会社は意味不明です。
施工に自信がないと自分から言ってるようなものです。

もし、断る建築会社がいたら検討対象から外した方がいいですよ。
「性能の高い家に気密性はかかせない。」と、覚えておいて下さい。

グラスウールは気密が悪くてスカスカですの嘘、本当。

気密の話をすると、きまって出てくるのが、「グラスウールは気密が悪い。」という都市伝説。

今まで何度となく聞いてきました。

この言葉は、正確ではありません。

正確には、「グラスウールはC値1.0以下を取るのが難しい。」

アクアフォームや、アイシネンのような現場発泡ウレタンに比べると、グラスウールでC値1.0以下は、正直かなり難しいです。

発泡ウレタンのように断熱材自体が膨らんで、ぐいぐい隙間を埋めてくれるわけでもなく、
グラスウールは、あくまで職人の手作業で、隙間を処理しなければいけません。

なので、気密を確保するための、知識・技能・部材が必要になります。

気密コンセントBOXってご存知ですか?

これ見て下さい。↓

これは、気密コンセントBOXという商品です。
グラスウールは、気密シートというビニールで、気密性能を確保しています。

コンセントところで、このビニールを破いてしまうことが多いんです。
その結果、コンセント部分から隙間風が・・・・・

気密失敗あるあるです。

その場合、この気密コンセントBOXを使用することで、その心配を解消できます。
どう見ても、もれようがないですよね。

しかし、残念ながら・・・
グラスウールでは、必須のこのコンセントBOXですが、出荷数は驚くほど少ないらしいです。
グラスウールは、国内で、圧倒的に一番使用されている断熱材なんですけどね(笑)

気密コンセントBOXの他にも、気密を確保するための気密部材というものがいくつもあり、
そういった商品をうまく利用すれば、グラスウールでもC値1.0を下回ることは可能ですよ。

グラスウールは極悪な商品ではなく、むしろ極善な商品。

グラスウールには、

材料が安い。
経年劣化が少ない。
性能が高い。
燃えない。

と、非常に優れたメリットがあります。

気密性能が確保しずらいというデメリットさえ克服できれば、
大変コストパフォーマンスの高い断熱材だと覚えておいて下さい。

新住協という団体は、グラスウールでc値1以下をとる工務店がうじゃうじゃいますからね。

もし、お目当ての工務店が、グラスウールを標準仕様にしていても、新住協の加盟工務店なら気密に関しては、心配ないと言っておきましょう。

「あなたの家、本当に省令準耐火仕様になっていますか?」

最近の気密性能への世間の関心の高まりを考えると、
気密性能の確保が難しいグラスウールから、容易な発泡ウレタンに仕様を変える
建築会社が増えていく事が予想されます。

そこで、あなたに知っておいた頂きたい事は、

その結果として、気密性能が高い家は増えますが、省令準耐火仕様の対応の家が少なくなる
であろうということです。

なぜ、省令準耐火仕様の対応の家が少なくなるのか?

その前に、「省令準耐火仕様の家」について、補足しておきます。

省令準耐火仕様とは、火災保険料が安くなるというメリットが得られる、住宅の内装仕様の事を言います。
大雑把に言うと、火事が広がりにくい仕様です。

この仕様のルールの中に、コンセントBOXの廻りを不燃材で覆うというものがあるのです。

グラスウールは不燃材に分類されるので、グラスウール仕様なら、特に何もしなくても不燃材で覆われることになるのですが、グラスウールから、アクアフォームやアイシネンなどの発泡ウレタンに仕様を変えると、ルール適用外になってしまうんです。

これ、知らない人多いです・・・

火事になっても保険がちゃんとおりないかも・・・

実際、火災の時どうなるかと言うと、コンセントの部分から火が侵入すると、壁内を一瞬で焼き払ってしまうという事です。
保険の支払いでも、揉めそうですね。

なので、発泡ウレタン仕様にする場合は、さっきとよく似た、こういった処置が必要です。↓

~フラット35 適合証明のポイント50より引用~

ちゃんと施工されるのか非常に心配です…

結論

「気密コンセントBOXは必要なの??」

答え
グラスウール仕様で、気密性能をしっかり確保する場合に必要。

まめ知識
発泡ウレタン仕様で、省令準耐火仕様に対応させる場合は、
防火被覆対応処置が必要。

今回は以上になります。

*質問等ございましたら、質問掲示板より受け付けております。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

人気記事Top3 - Popular Posts -

Comment

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。