Quohome staff クオホームスタッフのブログ

白い家は、破風板選びも慎重に!!

2012.09.09.Sun

長持ちする家 研究家 瀬崎です。
本日は破風板について。
破風板とは、「は・ふ・い・た」と読みます。
ちょうど、屋根のすぐ下に設置されている帯のような部分を指します。
$長持ちする家にするためにはどうすればいいのかを徹底研究!
プランによっては、建物の顔と言っていいくらい、外観上のポイントになることもあります。
$長持ちする家にするためにはどうすればいいのかを徹底研究!
ここを綺麗に長持ちさせる事によって、建物は、存在感を出し続けます。
ですので、少し、お金をかけて、耐久性のあるものを選んでおきたいですね。
破風板を塗装で仕上げる場合には、フッ素樹脂系などの高耐久のものを選定する事をお勧めします。
安易に安い塗料で塗ってしまうと、すぐに色が褪せてしまいます。
塗り替えるのは、足場を組む必要があり、施工面積は少なくても、けっこうな費用がかかります。
初めから着色してある、メーカ製の化粧破風板を使用すれば、それだけでかなり長持ちします。
多くの住宅会社が採用しています。

ただ、白い破風板を使いたい方は、それだけでは少し足りません。

破風板についた雨だれが、目立って、ひじょうに汚くなく見えてしまうのです。
この白さも一時です↓
$長持ちする家にするためにはどうすればいいのかを徹底研究!
このような場合、ニチハが出している、マイクロガード仕様の破風板を使うといいです。
外壁にも仕様されているあのマイクロガードの機能が破風板にも備わっているのです。
雨で汚れを流してくれるので、雨だれがつきにくく、綺麗さを維持できます。
破風板の事まで、打ち合わせしている会社は少ないのはないでしょうか?

クオホームでは、実は標準採用しています。
地味な部分なので、HPにも、チラシにも、書いておりません。

「クオホームの家って、何年経っても綺麗だね」
と言ってもらえるように、こまごましたところに手を加えて頑張っております。(笑)

関連記事
外壁で長持ち度はピンキリ 窯業系サイディング(ニチハ編)



クオホーム 価値ある品質を追求する家づくり

大手ハウスメーカーでは高すぎる。でも「ただローコスト住宅」では不安。
そのどちらでもない「本当に安くて長持ちする家」をご存知ですか?

www.quohome.com


ほぼ日刊!家づくりで200万円得する情報

現在クオホームでは無料のメルマガを発行しています
今から家を建てる人、すでに建て終わった方にも参考になる内容にしています。
携帯メールでも流し読みしていただけるように、文面はほどよい長さにしています。
ご不要になればいつでも解除できますので、安心して下記フォームからご登録下さい!