中古住宅リフォームは、してはいけません!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

長持ちする家 研究家 瀬崎です。

今回は、長持ちする中古住宅の話。

日本は、地震が多い国。
耐震性能のノウハウは、世界の国々と比べてもトップクラスです。

最近の新築は、軒並み耐震性能が上がっており、よほど手抜き工事をしない限りは、ちょっとやそっとの地震では倒れない造りになっています。

さらに、構造材の接合部に特殊な金物を使用したり、耐震だけではなく、免震、制震という付加価値をつけたワンランク上の性能を持った家も、売れているようです。

ところが、既存の中古住宅の多くは、耐震性能が、著しく不足しています。

増税、物価上昇、あがらない給料、高騰する光熱費、ガソリン代 etc

新築を建てるには、厳しい状況が続きます。

中古住宅を買って、リフォームして住む事を考える方も増えてくるでしょう。
建て替えでなく、リフォーム・増築などに切り替える方も出てくるでしょう。

その時に、必要になってくるのが、耐震・断熱の知識です。

それを今からお話します。

予算が原因で、新築を断念された方は、中古の戸建て住宅ではなく、中古マンションを買う事を強くお薦めします。

理由は、最後まで読んで頂ければわかります。

木造住宅の耐震基準は、1981年6月に大幅に変更され強化されました。
逆にいうと、それ以前の建物は、非常に耐震性能が低いということです。

「1981年6月」=「昭和56年6月」
この建築年数が、非常に重要 なので、覚えておいて下さい。

もし、あなたがこれから購入する中古住宅、
あるいは、あなたが実際に今住んでいらっしゃる家が、 1981年6月以前に、建てられたものであるなら、耐震補強にある程度、お金をかけないと、大きな地震が起こった場合は、かなり危険です。

まずは、耐震診断を受ける事をおすすめします。

「無料耐震診断実施」とチラシや、HPに書いてあっても、公的な基準に基づいて診断するノウハウを持っていない業者もたくさんいますので、注意して下さい。

耐震診断は、かなり専門的な知識が必要ですので、誰にでもできることではありません。

たとえば、住友不動産が「新築そっくりさん」という耐震改修専門のブランドを立ち上げています。

この会社の無料耐震診断は、

日本建築防災協会から発行された「木造住宅の耐震診断と補強方法」に基づいた診断です。

これがテキスト↓

これは、公的な信頼できる診断方法です。
さすがです。

「新築そっくりさん」以外にも、この診断方法で、無料診断してくれる会社はあります。

「一般診断法」「精密診断法」などのワードがあれば、その会社は、公的な診断方法の可能性が高いです。聞いて見て下さい。

耐震診断をしっかり行い、必要な耐震改修を行ったとしても、まだ、足りません。

それは、断熱改修です。

断熱性能不足が主な原因で、ヒートショックを起こし、家に居ながら命を失くしてしまった方の人数、およそ年間1万7,000人!! なんと、交通事故の死亡者数の2倍です。

知らない方が多いですが、地震で命を落とす確率よりずっと高いのが、ヒートショック死です。

つまり、安全に暮らしていくためには、耐震だけでなく、断熱にも、意識が必要なのです。

耐震改修のタイミングで、断熱改修も行なうことを強くお薦めします。

断熱改修のいいところは、耐震改修と違って、改修した時点でメリットが発生するところです。

光熱費が安くなった。
朝、起きやすくなった。
結露がなくなった。
風邪をひきにくくなった。 etc・・・

地震が起きた時でないと、メリットを感じることができない耐震改修との大きな違いです。

そんないい事ばかりの、断熱改修ですが、断熱性能を効率よく上げるには、耐震改修と同じくノウハウが必要です。

耐震改修では、抜群の信頼感のある「新築そっくりさん」も、 失礼ながら、断熱改修では、まだまだ時代遅れの提案しかできていない感じが否めません。

しっかり断熱改修のノウハウを持った会社は、サーモグラフィーや、データロガー(温度記録計)を使いリフォーム前の室温をしっかり把握し、シミュレーションソフトを使って、リフォーム後にどれくらい温熱環境が改善されるかを、予測して断熱改修計画を立てます。

結果もわからずに断熱材を無造作に入れてみたり、窓を交換したりはしないのです。

残念ながら、耐震改修に比べ、断熱改修のノウハウを持った会社は、非常に少ないので、断熱改修のノウハウを持った会社から探す方が、効率がいいかと思います。

耐震改修・断熱改修をしっかり行うと、中古住宅といえども、性能は飛躍的に高まります。

しかし、それに伴い、リフォームにかかる費用も当然ですが、大きくなってきます。

もともと予算が理由で、新築を断念された方には、そのリフォーム費用も厳しい場合があると思います。

だからと言って、断熱改修や、耐震改修を中途半端にして、中古の戸建て住宅を購入する事はやめて下さい。

後から、余計なお金がかかるだけで、きっと後悔します。

初めの提言に戻ります。
そういう方は、中古マンションを買うべきです。

中古マンションだけでは、言葉が足りませんね。

・最上階ではなく、中間階を選んで下さい。
・角部屋ではなく、中部屋を選んで下さい。

まず、戸建て住宅に比べて、耐震性能が比較にならないくらい優れていますので、耐震補強する費用が必要ありません。

中間階で、中部屋だと、外皮面積(外に面している壁や屋根)が、すごく少ないので、外気温に影響されにくく、断熱改修の費用が激安で済みます。

新築でも、中古でも、 断熱性能は、耐震性能と同じくらい重要ですので、耐震性能ばかりに偏った家作りにならないよう意識して計画して下さい。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

人気記事Top3 - Popular Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。