筋違いがたくさん入った家を素直に喜んではいけません!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

長持ちする家 研究家 瀬崎です。

今回は耐震と断熱を合わせた話。

木造住宅在来工法では、
家全体のバランスを見ながらということが前提で、
筋違や、構造用合板を多く入れる程、耐震性能は向上していきます。

筋違↓

構造用合板↓

 

筋違がたくさん入っていると、いかにも構造的に
強そうな感じに見えますので、
そこをアピールする会社も多いです。

『柱がすべて4寸柱で太い』というのも同じですね。

たしかに、耐震性能だけで考えると、
その通りなのですが、

家作りを考える時は、少し離れたところに立って、
家全体を眺めるような感じで考える事が大事です。

耐震性能、断熱性能、防蟻性能、美観、耐久性

すべてが、独立した要素のようで、
実際は、すべてが関係しています。

その中で、優先順位をつけ、予算の範囲内で、
スペックを決めていく。

この流れが、家作りの成功法則の王道です。

たとえば、耐震性能を
上げるために筋違を増やしたとします。

筋違は通常、部屋内の壁より、外壁側の壁に設置します。

外壁側の壁という事は、断熱材を施工する壁です。
つまり、筋違の数を増やせば増やすほど、
断熱材を施工する箇所が少なくなっていくと言う事です。

「木材は、断熱性能が高いので影響ありません」と言う営業マンがいると
思いますが、そこは鵜呑みにせず、数値で判断する事が大事です。

例えば、熱伝導率という指標があります。
これは、熱の伝えやすさを表し、
数字が小さいほど断熱性能が低いという事になります。

木材の熱伝導率は、0.13W/mk
断熱材の代表として、高性能グラスウールの熱伝導率は、0.038W/mk

数字で比べると、一目瞭然です。
木材は、断熱材の1/3の断熱性能もありません。

営業マンがなんと言おうと
これが事実です。

あなたはこの事実をすでに知っています。

建築中のあなたの家に、
大工さんが、善意で、通常より、筋違いを多くいれてくれたとしたら、

あなたは手離しで喜べますか?

おそらく、複雑な気持ちになると思います。

断熱性能を落とすことなく、耐震性能をあげるには、
2つの方法があります。

すじかいを増やすと、断熱性能が落ちることは
前述した通りですので、
すじかいではなく、構造用合板で、極力耐力を取るように
すれば、すじかいの数は増やさずに耐震性能が向上します。
当然、断熱性能が落ちることはありません。

また、柱と柱の間に断熱材を施工するのではなく、
柱の外側、いわゆる『外断熱』で家を建てれば、
筋違をいくらたくさん入れようが、
全く断熱性能の影響はありません。

*参考 外断熱

今回の話は、すじかいを例にしていますが、お伝えしたかったのは、
家造りは家全体で考えることです。

もう、何度もこのブログや、メルマガ等でお伝えしていますが、
いまだに、断熱材の種類がどうこうとか細かい話が出てきます。

断熱材を気にする方は、断熱性能を気にされてる方のはずです。

家、全体でみると、断熱材の種類なんて、
ほんと、どうでもいいって言いぐらい、小さな事です。
もっと大事な、「窓性能」「日射遮蔽・日射取得」「換気システム」
まずは、そのあたりの仕様を、吟味して決めてから、

最後の最後の最後に、
断熱材の選定ぐらいの優先順位になります。

家全体で、考えるという言葉が、いまひとつピンとこない方は
過去記事を参考にして下さい。

断熱性能を上げるために一番大切な事

光熱費がかからない家を建てるために、まず覚えておく5つのポイント①

 

この記事を書いている人 - WRITER -

人気記事Top3 - Popular Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。